<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お化け屋敷で・・・

ある日、私が働いているところの事務のおにーちゃんに、
”一眼レフをもらったんですけど、
ちょっと郊外の方にいい場所見つけたんで、撮影会をしたいんですが、
どうです?モデル、やってもらえません?”



ええ、ええ、どうぞどうぞ、
ウチの自慢の2人でよかったら。




彼は以前カメラの事を勉強したと言う。
人物を撮りたいらしく、私ともう一人、頼まれていたが、
私はハナッからモデルになるつもりもなく、
なかなか行くという気になれなかった。
万が一行く事になっても、
2人を連れて行って2人だけ撮ってもらうつもりだった。



彼曰く、その場所は、昔富豪が住んでいたところだという。
今は誰も住んでいなく、しかも誰も管理していないので
少しボロボロだが、雰囲気はよく、
結婚記念写真のバックなんかにもよく使われる場所で、
天気がイイと、花嫁姿の一行が記念撮影しているらしいのだ。




台湾にそんな昔のキレイな豪邸が残ってる?
ほんとかよー!
と半ば信じていなかったが、
とにかく撮影会の後、みんなで食事するという事だったので、
食事目当てにいく事を承諾。



そして、撮影会の、ある土曜日。
天気はあいにく曇りだったが、その方が暑くなくていい、と
気乗りのしない中、
そらとあんこも連れて、その豪邸とやらへ。




着いてみると・・・・











ぎゃ〜!!!!







b0111876_0105916.jpg



こんなん、タダのお化け屋敷じゃん(怒)
なにがキレイな場所だー!!!
写真じゃあまりよく分からないが、
とにかくボロボロ。お世辞にもきれいだねぇ、なんて
言えない所なのだ!!!



(注:この記事の写真は全て私のデジカメで撮ったものです。)





b0111876_0134869.jpg

        ずんっ




b0111876_0142342.jpg

        ずずんっ






ちょっと肝試しなら、私帰るから!
という私に、”ダイジョウブダイジョウブ、昼間だから。”
となだめるにいちゃん。



”おいおいおいおい、
それは、昼間は明るいから見えないだけで、
夜は出るってことかよ!!!”


とわめく私なんか殆ど無視で、
”はい、じゃ、そこ、部屋ん中入って、こういうポーズね。”
なんていろいろ命令する、まったくマイペースなにいちゃん。


モデルするつもりなんて全くなかったのに、
いつの間にか、いろいろポーズとらされてる私。



半ばこんなはずじゃなかったとキレながら、
こういう仕事してるモデルさんたちって、
結構大変だな〜、と思ってみたりする。



もちろん、そらとあんこも撮ってもらう。




が、
またこの2人をカメラに向けさせるのが、一苦労。



b0111876_0212535.jpg




もう一人のモデル被害にあってる(?)友人が
写真に入りきらないところで、
ポテトだよ〜〜!と2人をつっているのだが、
こうでもしないと、カメラの方なんてむきやしない2人。




b0111876_0254287.jpg





そらはそれでも私の方へ行こうとしてこっちを向いてくれているが、
あんこなんか、ママより食べ物・・・・




b0111876_0272516.jpg




あんこの食べ物に対する思いは、もはや執念。
ねぇ、あんこちゃん。それはあめ玉だよ。
しかも封切ってないからにおいしないでしょう・・・
まったくもう・・





あんこは食べ物を持ってる人ならだれでも好きで寄って行くので、
誘拐されないように気をつけなくちゃ、
と自分に言い聞かせる。





とまあ、あんこの食い気はおいといて、
とにかくあんなボロボロで汚くて、
まったくロマンティックじゃない場所で、
本当に結婚記念写真なんか撮るのかかなり疑問である。


私だったら、
もし相手がこんな場所を選んで私をココへ連れてきたなら、
即婚約解消である。
(台湾では結婚式の前、婚約時点で、
大々的にしかも大金をかけて結婚記念写真集を作る。
撮影は、スタジオ、外、等いろんな所で本格的に行われ、
しかもすっごいメイクで撮影に臨むのだ。
確かに仕上がりを見せてもらうと、
全く別人のように素敵に見えるので、変身写真だと巷では言う。)




そして、結局あ〜だ、こ〜だとモデルまでやらされて、
モデル料請求してやる、と心の中メラメラ燃えていたが、
出来た写真を見ると・・・・




殆ど使い物にならない、真っ黒。



何枚かいいものはあったが、全部そらとあんこ。
さすがのにいちゃんもへこみ気味で、
全部そらとあんこの写真になっちゃった・・・と。
カメラをもらったときの中に入っていたフィルムをそのまま
つかったのだが、そのフィルムがかなり古く期限切れだったようだ。



っていうか、あんたの技術がないんじゃないの?と
突っ込みもしっかりいれ、こんなんでモデル料を請求するのも
可哀想だな、と思ったが、
もしや、
まさか、
オバケの仕業なんてことはないよね・・・ははは・・・


あまり考えると怖いので
この辺にしておいた方がイイだろう。




気を取り直して、
その日帰ってきた2人は、
モデルがかなりお疲れになった様子。









b0111876_0471348.jpg




そらはいいコでハウスで熟睡。



一方、






b0111876_0481632.jpg



あんこはいいねぇ。
幸せそうで・・・・
きっと食べ物の夢を見ているに違いない。


お耳のかいかいは、もう殆ど治ったようで、
後はアゴと手足部分。
もうちょっとがんばろうね、あんこ。




でも、今回に懲りて、
おにーちゃんの撮影会のお誘いには
もう二度と乗らない、と決意した私だった。




ついでにご報告。



ってたいした事じゃないので、興味がない方は
スルーしてください。


ブログ右横の上の写真と、ネームカードの写真を
ちょっと変えてみました。って見りゃ分かりますね。
そして、”フレンチブルドッグひろば”のあんこの写真も
もっとあんこらしいものに変えてみました。
お暇があれば、ウチのあんこを探してみてくださいね。
笑える写真ですよ!
[PR]
by sola-anko | 2008-03-31 01:02 | タイワン

にっくき湿気!

あんこの、お耳かいかいがいよいよひどくなってきた。
しかも顎もしきりに掻きむしり、足も舐めているようだ。
さすがに可哀想で、水曜日、至福のお昼寝我慢で病院へ。


ついたとたん、人だかりが目に飛び込んできた。



げっ。



今までこの昼間の時間にこんなに込んでる事がなかったから、
いつも空いているこの時間を狙って来てるっていうのに、
最近どうしたのだろう。
月曜も同じ時間帯に来たのだが、込んでいたので逃げ出した。
その日も逃げ出そうとしたが、
あんこにこれ以上我慢させるのも可哀想だし、
また後日ここまでくるのもシンドイ。




観念して待つ事1時間弱。
思ったよりも早く順番が来て、しかも私の後はもう誰もいない。

そうか、もうちょっと遅めの方が
ガラガラでユックリ診てもらえるのか!!



忙しいときに、適当に診られるのだけは絶対嫌なので、
(事実、こっちの人ってそうなりがち)
ガラガラの時に診てもらうのが、
獣医さんともユックリ話し合いが出来て、じっくり診てもらえて
いい。

(本当はそんな事、あってはならないんだが・・・)



まあ、いつも診てくれるベテラン先生は、
どんなに忙しくても、ワンコを診察する姿勢や診る目は変わらないから
信頼しているのだが、忙しさのイライラのはけ口が、
飼い主にくるので、やはり、なるべく忙しい時間帯をさけるようにした方が
懸命なのだ。(そこらがやっぱり台湾人である・・・)



さて、あんこの診断結果。

”う〜ん、お耳真っ赤だねぇ。湿気だねぇ。”

やっぱり・・・・







せんせぇ〜(涙)
この湿気天国台湾で、湿気だねぇ〜って・・・





これでもかなり気を使い、
散歩後のあんよを洗ったりしてもすぐに完璧に乾かしてるし、
よだれが出てたらすぐに拭き取って、
皮膚が濡れた状態が続かないように出来る限りの事は
しているつもりなんです、先生・・・



”う〜ん。でもねぇ。最近の天気がねぇ、蒸し暑くなってきたしねぇ。”


お天気の事を言われたら、人間の私には太刀打ちできませんよ、先生・・・



っていうか、湿気の本番、梅雨はこれからじゃないか!
(台湾にも梅雨があり、日本のそれより早い時期にやってくる。
そして日本のように1か月続くなんて事はなく、
1週間降り続けて、はい、終わり。なんてこともあったりする。)




湿気が大親友の細菌君を連れてきて、あんこの皮膚で増殖させ、
彼女をカイカイ地獄に陥れるのだ。





今までに何度も何度も何度も、今回と同じ事であんこはカイカイになった。
そして病院でも同じ事を言われ、”日本に帰ったら、よくなるかもね。”
なんて、それこそ苦肉の策にもならない事しかアドバイスできない先生の、
そんな冗談も、何度となく聞いた。


でも先生、日本も湿気多いんですよ。と返しても、
”あら、台湾よりマシでしょう。何しろ台湾は一年中だからね。ははは。”



ははは、なんて言っている場合じゃないですよ、先生・・・・





あんこの健康を維持するためには、
湿気とどう戦うか、どう向き合って上手に付き合っていくのか、
これが永遠かつ最大で難関のテーマになるだろう。



毎度毎度、飲み薬、耳薬をもらい、1、2週間もするとすっかり治り、
また同じ事を繰り返す。




全く根本的に治す、というのはムリなのだろうか・・・・




今回もらった薬は、


b0111876_3545354.jpg

       左奥、オレンジのがかゆみ止め&抗生物質
                美味しいシロップ割り
       右奥、薬用シャンプー(顎、足用)
          泡で洗って、泡を付けたまま
           10分放置後すすぐ。3日に1回・・
       手前、耳薬。


b0111876_441940.jpg

       この、目薬サイズのちっちゃい耳薬。
       実は侮れない。





なぜかと言うと、




b0111876_454760.jpg

       左の以前紹介した薬は、これで250元。   
       右の今回もらったのが、200元。



今回のはストロイドなんかが入っていて強力なもののようだ。
それでもなんでも、早くあんこがカイカイから解放されるよう、
私もがんばってお薬とシャンプー、忘れないようにしなければ!




b0111876_4112231.jpg




あんこちゃ〜〜〜ん。




b0111876_4122689.jpg

       なんですか〜〜?




お耳のお薬だよ。





b0111876_4133480.jpg

       ・・・・・・・




b0111876_414598.jpg

       オレは?




え、そらくんもお耳掃除する?





b0111876_415575.jpg

       うん、それは遠慮しておく。




あら、そう。
じゃ、あんこちゃん、早くおいで〜。



b0111876_416516.jpg

       なんのことか、わかりましぇん。






さすがのあんこも耳薬が大嫌いなのだ。



b0111876_4182399.jpg

       なんか、お耳グチュグチュされたの(涙)








そして・・・・


b0111876_4192450.jpg

       今日は、散々な目にあったの。(ふて寝)




b0111876_4202732.jpg

       オレじゃなくて、よかったぜ。







湿気湿気湿気。




この際、4台くらい除湿器買ってやろうか・・・
それぐらいしないと台湾の湿気に勝てそうもないのである。

は〜、困った・・・・・
[PR]
by sola-anko | 2008-03-28 04:37 | あんこ

苦肉の策。

ココ最近、レギュラーの仕事とは別で、モノを書く仕事を始めたせいで、
といっても、日本で働いていた時なんかよりは
拘束時間も短いしラクチンなのだが、
なんだかいつも時間に追われるように感じて落ち着かない。
このことについて、これ以上書くと
愚痴になっていくので、この辺で止めておこう・・・



要は、
もともと2人のためにと、楽しんでワンゴハンを作っていたのに、
精神的に忙しいと、”手作りしなきゃ、用意しなきゃ”、と
なんだかそれまでもがストレスになって私にのしかかってくるのも嫌だと思った。




更に言えば、4月5月と私の日本帰国や上海強制連行なんかが予定されている。
ということは、
2人をホテルに預けなきゃならない事が、4月はともかくとして
上海連行は5月だけにとどまらず、
これから頻繁に起こるということだ。・・・(ダーのせい!)




可愛い我がコたちを残して行くのは後ろ髪がぐいぐいぐいっと
引かれて抜けそうだが、そんなときのためにも、
2人に出来るだけ良いカリカリを探しておく必要があると感じた。






ストレス対策の手抜きとホテルでお留守番のために、
2人を連れて、ある日、
カリカリ探しの旅にでた。






・・・・・・・・・・
う〜ん。





やっぱり。
たかが知れていた。ココ台湾(いや、台中でと言った方がいいのかもしれない、
もしかしたら台北にはもっと種類があるのかもしれないし。)
で、買えるカリカリはまったく変わりばえしていなかった・・・





私が、”これだったら2人にあげてもいいわ♪”と
思えるカリカリくんがないのだ。
どこへ行ってもラインナップはほぼ一緒。
これは困った。やっぱり手作りの方が100万倍マシか・・・
お留守番のときは、夜なべして大量生産するか・・・
はあ〜〜







そもそも、なんで面倒な手作りにしたのか。







旧ブログにリンクを張っている、
このサイトに出会ったのがきっかけだ。
このサイト、最後まで読むにはかなり量が多いのだが、
もし、興味があってご覧になりたい方は、是非、
最後まできちんと読んでほしい。

というのも、私自身、初めてちらっと読んだときに、
怖くなって何も信じられない〜〜〜!!とパニクりかけたのだ。
でも、冷静になってもう一回目をそらさずに最後まで
じっくり読んでみると、なるほどなるほど・・・
今までの私は、いかに無知だったのか、
我がコを可愛く着飾る事もいいけれど、
もっとこういう事に感心をもってもいいんじゃないかと思い、
早速新たな厳しい目で、台湾でカリカリを探すことにした。


ところがである。
今回同様、その時も、まあこれならあげても良さそう、なんて
思えるものが見つからなかった。



だんだんめんどくさくなってきた私。
パッケージの裏の細かい字をしょぼしょぼな目で見るのも
もう嫌になった。
(なんでもかんでもすぐに飽きて面倒になるのがB型である!)




ええ〜い、もう面倒だから、こりゃ、私が作ればいいんだわ。
それが台湾にいる限り、一番安心だわ。




と感じて以降、それなりにちょっとお勉強もしつつ、
見よう見まねではあるが、2人が寿命を全う出来るよう、
私にしては、こつこつこつこつ、今まで作ってきた。


もちろん、ワンコに必要な栄養素は知っておかなければならないし、
何が過不足するとどこがどうなる、なんて事も
考えた方がいいのだが、何せメンドウ大嫌いな私。
なんとかの栄養を毎日何グラム摂取させなければならない、
なんて事を考えなければならない完全手作りに、
栄養面での不安がない訳ではなかった。


しかし、ご紹介したサイトに書いてあった言葉、
”昔の犬は人間の残り物を食べてたいした病気もせずに
寿命を全うしていた。”という言葉が、
私をやる気にさせた。



そうそう、だって、私が小さかった頃ももっと前も
子どもが犬の絵を描くと、その隣にはお皿にごはんもりもり、
その上に骨、みたいなゴハンも必ず書いてたよな〜。
っていうことは、実際残り物食べさせていたってことだよな〜。


なぜかそんなところで納得してしまった私。
もちろん人間のものをそのまま与えていいという事ではない。


だが、その言葉を見たおかげで、
力を入れすぎず、私になりにテキトーにこれはこんなもん?なんて
ごまかしつつ、なんとか手作りを続けてこれたのだ。





さて、今回のカリカリ探しの旅は、
結局手作りでいくしかない、という結論で終わるのか・・・

ここでなかったらもう、本当にそうしよう、と思い
入ったいつもお世話になっているペットホテル兼ショップで。



ちょっと前は台中の大手のペットショップも仕入れていた、
このカリカリを発見!


b0111876_150310.jpg


今回はどこもかしこもお高い値段のせいだろう、
置いているところがなかった、このorijin


人間が食べられる新鮮鶏肉や魚が70%、果物野菜等で30%、穀物ナシ!
のカナダ製のカリカリくん。


前に見たときは、鶏肉があんこによくないだろうと
除外していたのだが、
そう言えば、最近あんこのお肌はすこぶる調子がよく、
手作りでチキンをあげても何の問題もなかったな・・・




台湾でこのフードが一番いいのか、なんてことは正直分からない。
成分説明もどこまで信じられるのかも分からない。
でも、少なくとも人間が食べられるレベルのタンパク源を使っている事を、
こんなに大々的に書いているんだし、
他のものに比べりゃ、まあマシかな、と。
真空状態で袋がひっついてるのも、なかなか。


散々あちこち回って、疲れ果てたっていうのも
私を後押しして、今回お世話になるカリカリくん、決定である。


今回の苦肉の策、カリカリくん。
これからちょこちょこお世話になります。



4月の帰国に向けて少しずつなれさせているが、
2人も気に入って、2人ともお腹も壊さずに、
あんこのお肌も全く大丈夫で、今のところまずまずである。




日本だったら、もっと選択肢があるのにな〜、と
まだまだフードの重要性に無頓着な台湾にいる私は羨ましく思うかぎりである。
ワンコ先進国ドイツのフードなんかも興味津々。
ま、今現在台湾で手に入る訳がないので考えないように
するのがいちばんだ。



そんな台湾も、ペット情報のフリーペーパーなんかが手に入り、
それもいただいてきた。



b0111876_29616.jpg

       その名も”我の狗(犬)”
       隣のおもちゃは、なんせフードが
       少々お高いので、買ってくれた
       お礼(おまけ)でもらったもの。



”我の狗”の中を見てみると、
意外や意外、ワンちゃんのためのやんろう(羊肉)ごはんの作り方
なんかやサツマイモの肉巻き(おやつ)を作ろう!なんて
書いてあるではないか!!
おおう〜。



いずれ、フードの重要性が認識され、
もっと質のいいカリカリくんに出会える事を願わずにはいられない。



そして、あんこ姫はと言うと・・・



b0111876_2372824.jpg

       お耳がね、痒くてたまらないの・・・

とまあ、またここずずずーっとエリザベスの刑である。
もうあんこにはエリザベスもあんこの体の一部になってるようで、
全く嫌がらず、違和感も感じないようだ。


b0111876_240989.jpg

       ママ、なにか言った?


いいえ・・・




そして、念のため、獣医さんで買ったお耳かいかい薬を
使うも、

b0111876_2422358.jpg




いっこうによくならないので、
明日、病院行き、決定である。
(本当は月曜にも病院へ行ったのだが、
あまりに込んでいて、途中で逃げ出した我慢の足りない飼い主である・・・)


b0111876_2491464.jpg

      しかも肉球のところに白いプチっとしたものが!
      まあ、次から次へと・・・





その頃、オレ様はと言うと・・・・





b0111876_2545163.jpg




やっぱり寝顔は可愛いねぇ。



b0111876_2554632.jpg

        なんだよ、見るなよ(怒)




はいはい。
オレ様、どうもすみませんね。
なにもギロって見なくっても・・・



ウチは、1人の病気が治ると
別の1人が何か病気になる、と順繰りに医療費の支出を
たたき出してくれるようである。


困ったものだ・・・・。
[PR]
by sola-anko | 2008-03-26 03:15 | わんこの健康のために

オレはタイワン人でいたい、ただそれだけなんだ。

(久々の更新だが、そらとあんこのことは
おまけ程度にしか書けないだろう。
ちょっと堅苦しくなるかもしれないので、
2人目当てに来ていただいた方は申し訳ない・・・)

 





上海にいるダーがそう言った。


私はそんな彼になにをどう言ってあげればいいのか、
わからず切なくなった。






3月22日、本日台湾総統選挙が行われ、
国民党のオジさんにしてはイケメン馬(マー)さんが勝った。
詳しくは、こちら




私は政治について詳しい訳でもなんでもないので、
何がどうなったらいいのか正直よく分からない。


実際私はダーに出会うまで、
タイワンってどんな国?え、国?
中国?と、アホ丸出しだった。


彼と出会い、台湾に住み、
やっと中国と台湾との微妙な関係を理解したところがある。


台湾の詳しい事情は、こちら
もっとやさしい説明がいい方はこちら


簡単に今回の事情を説明すると、
大陸(こっちの人は、中国と呼ばず、「大陸」と呼ぶ。)から
逃げて来た国民党というグループと、
オレたちは、台湾っていう中国とは別の国に住んでる、台湾人なんだ!っていう考えの民進党というグループが選挙を争って、
大陸と連携の濃い国民党が勝ち、
今まで台湾は台湾と言うオリジナルのものだ、と主張していた民進党から
政権を譲り受けた。
ということは、今まで台湾は国際的には国として認められていないものの、
少なからず、”オレたちは、オリジナルだ”、とがんばっていたものが、
簡単に中国の一部になってしまう事もあり得ることになる。










私が台湾に来たばかりの頃もたしか選挙があった。
その時は、中国に反発する民進党が政治権を勝ち取り、
かなりもめていた。中国からいろんな落とし物(爆弾)なんかも
もらったんじゃなかっただろうか・・・

(これって、北朝鮮が日本に向けてテポドン発射したのと
同じじゃん!!と思った記憶がある。)



あの時、ダーが私に言った事。
”万が一、大陸から攻撃されるような事態に陥ったら、
とにかく一目散に日本へ帰れよ!
オレは多分徴兵されて最前線で戦う事になるだろうから。”
(台湾には徴兵制度があり、男子は軍隊で訓練を受ける義務がある。
詳しくはこちら。更に言うと、ダーが所属したという軍隊は、
「海軍陸戦隊」という一番訓練が厳しく、陸からも海からも攻撃できる、
何かあったら真っ先に呼び出される、まさに最前線で戦う訓練を受けたのだ!)






来て早々、カウンターパンチ。
衝撃だった。
最前線で戦う、って!
ていうか、こういう話って、教科書とか映画の中だけの話じゃないの!!!


与謝野晶子の”弟よ、きみしにたもうことなかれ”っていう
フレーズがパッと頭に浮かび、彼女の気持ちが痛いほど分かった瞬間だった。






あれから、4年。(そんなに長い事台湾にいたんだ・・・それにもショック)
今回は国民党が勝ってしまった。
もちろん、民進党に政治を任せたって、何にも変わりはしなかったじゃないか!!
って思う方々が今回はたくさんだったんだと思う。



経済効果やら何やらはよくわからないが、
台湾が中国になったら、かなり嫌だな、と住んでいるからこそ、
そう思う。



ダーが選挙前、電話で、つい台湾の選挙について、
自分の思うところをばーっと私に話してきたが、
途中で、”はっ、こんなところで台湾の選挙についてなんて
語ってたら捕まるわ。どこで誰が聞いてるかわからんし。”と、
途中で口をつぐんだ。




捕まる!?!




今の世の中、言論の自由っていう言葉があるじゃん!!!!





だから恐ろしいのだ。共産主義の国。
インターネットも大陸から台湾のものは見れなくなっているものもあるようだし、
繋がりにくいそうだ。ネットの情報ですら管理し、こうやって介入してくる政府。




”自由”
というものが当たり前の私にとって、
そんな環境、想像がつかない。





今の自由主義できている台湾が共産国にでもなってしまったら、
もう私としては、そらとあんこを連れて逃げ出すしかない(苦笑)。




そして、ダーの本日締めくくりの言葉。
”これで、台湾も香港の二の舞になる事、時間の問題だな。”




・・・



台湾人でいたいと言ったダー。
普段は台湾語を話し、台湾人である事を誇りに思っている彼にとって、
私が、”え、台湾人じゃん”、と突っ込めないほど、
中国に吸収されてしまうなんて事は、自分のアイデンティティーを
無くしかねない一大事なのだ。
(ちなみに台湾語と中国語ー正式には北京語は、方言で片付けられないほど、
全く違う言葉なので、中国語と台湾語で会話をしても全く通じない。
もちろんそれを当たり前として台湾人は日常茶飯事やってのけるが、
外人である私は中国語しか分からず、いつも台湾語になると????である・・・)





私同様、台湾に住み、1歳になる子どもを持つ友人がボソっと言った。
”台湾の人って、生まれてすぐの子どもに成人になるまで保険を
かけるらしいんだけど、
だって、このコ(自分の子)が二十歳になるまで、
台湾があるかどうかわからないもんねぇ。もし無くなったら、
掛けゾンじゃない?!”







確かに・・・。





私ってヤバく危ういところに住んでるんだわ・・・と
あらためて恐ろしくなった。



そして、日本が、幸か不幸か、
どれだけ平平凡々な安定した生活や安全が当たり前になっているのか、
なんてことや、
政権が変わっても、台湾のように国が危うくなるなんて事がないから、
こんなに政治に(特に私を含め若者たちが)無関心でいられるんだな〜、
なーんてこと、
私なりに外から日本を見つめ直すきっかけとなった。










今日は、ダーの気持ちが痛いほど伝わり、
いつか、あの時こんな事あってあんな事思ったんだよな〜と、
振り返られるよう、記録に残したくこんな内容になってしまったが、
気を取り直して、最後に今日、2人を連れて
ゴハン食べに行ったときの様子をちらっと紹介しよう。



本日お邪魔したのは、以前紹介したところとは違う春水堂。



b0111876_1475663.jpg




まだゴハンがくる前は2人ともこんなにいいコに
座ってくれていた。




そして、本日のご注文。

b0111876_1494723.jpg

       功夫麺(カンフーメンって、いまいちカンフーの
           由来が分からない・・・)
       

b0111876_15243.jpg

       餅米シュウマイ


b0111876_1541863.jpg

       タピオカ入りミルクティー(小)
       お砂糖かなり少なめで。




どれもこれもうまいうまい。
もちろん、ニオイにつられて暴れ出した2人は、

b0111876_15633.jpg

      そら:ちっ!
      あんこ:うらめしや〜〜



カバンに閉じ込められ身動きが取れず、
おかげで私はゆっくり堪能できたのだった。




っていうか、こないだ買ったあんこキャリー。
なかなか出番があるじゃない、
買ってよかった〜、と買った理由をダーに正当化できる事に気づいた私。





これで味を占めて、ついついまた・・・
なんて事になりそうな予感・・・である。
[PR]
by sola-anko | 2008-03-23 02:28 | タイワン

タナボタで衝動買い!

年に1度の狂犬病と、8種混合の予防注射。

いろいろ思うところはあるが、
特に狂犬病は台湾では飼い主の義務なので、
やはり義務は義務として、全うすべく、
本日(日付的には昨日)2人を連れて病院へ。



本日訪れた病院は2Fが診察室、1Fがショップになっていて、
いろんなワンコグッズが買えるので、
プラチナカードを持っている私は、
1Fのショップを日頃よく利用している。


そこは、ショップのプラチナカード所有者のワンコ1匹、
毎年の狂犬病と8種がタダで受けられるという特典があり、
プラチナカード申し込みに500元かかるものの、
(以後、毎年更新に500元かかる)
2つの注射合わせて1匹につき700元相場からしても
お得なので、ちゃっかりプラチナ2枚持っている私。


もちろん、ポイントが500点貯まれば、
更新料はタダ。30元で1ポイントもらえるのだが、
そんなに貯まるほど買い物もしてない気がしたので、
更新料500元×2は必要だろう、
そして、せっかく行くなら2人におもちゃでも買ってやろう、
と財布の中身に余裕を持たせて行った。






2人とも、う○ちチェック、体温、聴診器、
それぞれ無事にクリアし、
ブスブスっと2ついただき、
初対面の獣医の”オレ、この前東京行ったんだ。”という
会話を”あ、そうですか。”と無表情であっさりかわし、
(そういうメンドクサイ会話、お断り)
いざお会計。





”これが、新しいプラチナカードです。
本日のお会計は、192元になります。”と、受付のお兄ちゃん。









うん?
なんでどうして、そんなに安いの???









”お客様お持ちのプラチナ1枚は、500ポイント
貯まっていらっしゃるので、1匹無料となります。
もう1枚の方も、あと192元で500ポイントでしたので、
その分の料金だけ頂ければ、それで結構です。”








ええ〜!そりゃあ、私はいいお客さんだわ!
それでこんなに親切なのかしら?!











もともと1000元かかると思って出かけたので、
すごいラッキーに思えて、
顔がほころんだ。
”うっひっひ”と言いたくなるっていうのはまさにこの事だ!
もちろん、その分以上に、
このショップで買い物をしていたと言う訳なのだが・・・




それでも目の前の状況だけでタナボタ的ラッキー気分になった私。





しかも、
こんなときに限ってお財布に余裕がある・・・・









となれば、1Fへまっしぐらだ。







最初は、いいおもちゃを買ってやろう、ぐらいの気持ちだった。






ところが、こんなときに限って
新商品なんかが並んでいるから、
また余計なところに衝動買いという火がついてしまった。








じゃじゃ〜ん!




b0111876_2435638.jpg

       あんこ用、キャリーバッグ♪
       プラチナ会員価格で900元ちょい。





実は前からあんこが入るバッグが欲しくて欲しくてたまらなかった。
もちろん、あんこを担ぐと重いので、
出番は少ないだろうし、バギーもあるから、
買ったって、結局使わないかもしれない。




それでも、3人でカフェでまったり中、
バッグの中で1人くつろぐそらを羨ましそうにみているあんこに
気づいたときから、あんこにもバッグを・・・と
常日頃、ワンバッグに目を向けていたのだ。
なかなか可愛いものがなかったのが幸いし、
今まで買わずにいたのだが、
なんでこういうときに、見つけてしまうのだろう。







もう、これは買うしかない。





b0111876_2502316.jpg

       上から見るとこんなカンジ。





手提げでも、ショルダーとしてでも使える。
手提げのときは、ショルダー部分を大きいポケット2つに
挟まれている、ちっちゃなポケットにしまう事も出来る。




くぁわいい〜〜〜!!






b0111876_2522610.jpg

       あんこもまんざらでもない様子。


b0111876_2531889.jpg

       なかなかいいの〜


b0111876_254644.jpg

       じゃ、今度から、カフェでは2人して
       そうやっておりこうさんに出来る?



b0111876_255837.jpg

       おりこうさんなんて、できないよね〜
       お兄たん・・・ひそひそ・・・



b0111876_2564491.jpg

       ママ:今、なんか言った?
       あんこ:いえ、何でもないデス!







本当は、これと色違いのブルーがあって、
そらに・・・なんて思ったが、さすがにダーに
殺されそうなので、あんこのだけで我慢した。
そらのバッグもネンキが入ってきているが、
もう少々それで我慢してもらう事にしよう。





そして、注射を痛がらずにがんばった2人へのご褒美


b0111876_345486.jpg

       紫のが巨峰味。黄色いのはバナナ味。





ウチは2人とも破壊し、食べて飲み込んでしまう、暴れん坊兄弟。
プラスチック系のカミカミは誤飲を防ぐ為に最近禁止例をだしたので、
無難にこの縄状のものにした。
でも、ご褒美なので味つきである。

巨峰の方がいいにおいがするのか、
2人こぞって巨峰に狙いを定めて、
早速ウチ中大運動会を開催していた。




注射の後は、安静に、っていわれたんだけど・・・



というママの心配なんかそっちのけで
元気100倍の2人に、
アナフィラキーショックも起こらなかったようで
ホッと一安心。
(アナフィラキーショックについては、
後日、追記したいと思う。)





b0111876_3233366.jpg



今年も、これで無事に狂犬病済の証明書(写真上、黄色い紙)と
メダル?キーホルダー?(どっちでもイイか・・・)
それから、健康手帳(写真下)に2つの注射オッケーのシールと獣医のはんこを
もらい、今年の義務、終了。











さて、昼寝でもするか、なんて思ったその時、
見てはいけないものが目に留まってしまった。



b0111876_3282936.jpg


これ、本日お買い上げのカバンの値札なのだが、
よく見ると、
”出かける用ペットボケット
 使いヤすいカジコアル”



!!!





勘弁してくださいよ・・・



出かける用って!ボケットって!
なんでヤだけカタカナよ!カジコアル!!!






私に翻訳させろ!!!
と嘆かずにはいられない日本語が
あふれている台湾なのだった・・・
[PR]
by sola-anko | 2008-03-14 03:41 | わんこの健康のために

週末の仕込み

先日に続き、週末シリーズ第2弾は、
そう、2人のゴハンの仕込みだ。



超がつくほどめんどいのが嫌いな私。
それでも可愛い我が子にはいいものを食べさせてやりたい!
なんていう、溺愛の感情なんかが働くと、
こんな私でも手作りに没頭する。


ただ、やはり長続きしなければ意味がない。


そこは、臨機応変にいこうということで、
最近は、週末にどかっと野菜の煮込みを
作って小分けして、冷凍保存しておく戦法に出ている私。


今回使った野菜たちは、
ニンジン、ピーマン、カボチャ、ゴーヤ、エンドウ豆、
ニンニク(これだけはごくごく少量)ブロッコリー、トマト、、、
あとなんだっけ?という適当なカンジで、
冷蔵庫にある全ての野菜を刻んで、お鍋に投入して、そして煮込む。
ビタミンなんかの破壊の事もちょっと気にしつつ、
柔らかく煮た方がいいものから
順番こに入れ、さささっと煮込んで
できあがり。



b0111876_0482111.jpg



こんな見た目怪しいものを夜な夜な煮込んでいる私って、
魔女のよう。





そんな魔女をじじじーっと見つめ続けるのが・・・








b0111876_0501693.jpg

       じぃぃぃぃ〜



b0111876_051177.jpg

       じーーーーーーーーーーーーっ






そんなに見つめてもまだあげません。









そして、兄はと言うと・・・・





b0111876_053053.jpg

       ま、出来たら呼んでくれよ。








・・・
いいご身分だこと。








そして、

b0111876_0555088.jpg

       はい、完成!





すると、




b0111876_0571261.jpg

       おっ、できたのか。







はいはい、できましたよ。









b0111876_0585693.jpg

      そして、あら熱がとれたら、小分けして、
      冷凍庫へ。











ごめんね。
あなたたちのお口に入るのは、2日後からね。
と、もらえるもんだと思って見つめている2人をなだめ、
これで、今週分、下準備万端。



毎回、これに、半生ゆでにした肉やら(台湾の衛生上から、
火を通さないのはかなり怖い)カルシウムやら、
フラックスシードオイル、麦芽、ビール酵母、ゴマ粉、
海藻パウダー、きな粉、グルコサミン等等、
その都度いろんなバリエーションで、基本の野菜の煮込みに
入れてやるのが、最近我が家に定着した手作りゴハンのスタイルだ。




なぜ、わざわざ手作りにしたのか、となんていう話は、
いずれ書いていこうと思っている。





はっ!!
そう言えば、
前回の狂犬病と8種混合予防注射から1年以上経っているではないか!



これはいけない。
明日か、明後日か、
今週中に2人を連れて行かねば、と今頃慌てている
なんとも情けない飼い主の私である。
[PR]
by sola-anko | 2008-03-12 01:27 | わんこのための手作りフード

週末の差し入れ、そして罰当たりな私。

最近、毎週末のように
ダー弟から、差し入れをもらう。


差し入れ元は、弟クン本人ではなく、
ダーママだ。



大体いつも果物なので実は結構ありがたい。


本日の差し入れ果物は、

b0111876_1444493.jpg

       レンブ(スーパーの袋1つ分)



b0111876_1461155.jpg

       ザオズ(これも上に同じ量)




特に、レンブは私の大好物で、
ダーママは、私が以前これが好きだとママに言ったばっかりに
これが出回る季節になると、
これでもか、と言わんばかりに、こればかりくれる。
今回もそうだが、殆ど毎回食べきれない量をくれるので、
しばらく朝ご飯は、果物だけ、とかになってしまう事も
あるので、量は程々にしてもらいたいのが本音だ。


このレンブ、
初めて見たときは、このドスがきいた赤さと形とに
恐怖を抱き、清水の舞台から飛び降りるくらいの
大げさな気持ちで、目をつぶってかじった。




ところが・・・







なんとみずみずしくて、シャキシャキした歯ごたえ!
あっさりしたナシのようなさわやかさながらも、
甘くジューシー!!!



一口で私の大好物になったのは言うまでもない。



自分でも食べたくなってスーパーで買って来た事は何度かあるが、
ダーママのくれるものには到底及ばない。
ダーママは、もっぱら地元の市場で食材を買っているのだが、
やはり、市場とスーパーじゃ、
モノの質が断然違う。



市場で買うにしても、やはり目利きが必要で、
ダー自身もなかなかママと同じように
質がいいものを見極められないらしい。



台湾には朝市、夕方市が毎日開かれ、主婦たちは
新鮮な食材は市場で手に入れるのが常識となっているが、
外人1人で市場に行くのは結構勇気が入る。
台湾語ばかりが飛び交い、さすがの私も台湾語分からず怖いので、
ダーに、市場に果物買いにいこ、と誘いをかけても、
”オレ、果物、どの店がいいんか分からんし、
ウチにあるやつ、持って来てやるよ。”
と、いつもそうかわされてしまうので、
実は私、あまり市場に行った事がない。





だが、
どうして、こうダーママが買ってくるものは、
こんなに甘いのか!!
今回も文句なしに、甘くて甘くて甘い、
ジューシーなレンブだった。


これは、そのうちママからそのノウハウを
盗まなければ!と切に感じている。





そして、2番目のザオズ。
これはイメージ的にはリンゴをちっちゃくしたカンジ。
皮ごと食べられ、リンゴより水分が多めで、
これもシャリシャリとした歯ごたえで、
その割にはちょっとまったりとしたお味。



台湾に来て、よかったと思える事、
それは、日本では見なかったようなおいしい果物が
食べられる事だ。




これからマンゴー、ライチの季節になる。
この2つは、もう好物中の好物で、
”食べ過ぎてまたハラを壊すなよ!”と
いつもダーに注意されてしまうくらい、
病み付きなフルーツなので、
冬から待ちきれないでいる私である。





ここまで書いてくると、
差し入れもらえる私って、ダーママから可愛がられて
幸せ者じゃないか、というカンジだ。


もちろん、可愛がられているし、
とっても親切にしてもらってるし、
ダーママはとてもイイ人だ。




ただ、

b0111876_218498.jpg

        こ〜んなものや
        (しかも、コーヒー味の梅ってどうよ!)


b0111876_2185996.jpg

        こんなもの等、






もらったら、ちと困るものも
必ずくれるので、人様の好意をどう無駄にしないか、
それを考えるのは
なかなか苦労する。



というのも、こんなにいっぱい梅やモチをもらったって、
1人で食べきれる量じゃないし、
台湾の梅が苦手な私に、これを全部食え、というのは拷問すぎる。





台湾に来た当初、
食べられないもの(見た目やニオイから・・・実は美味しいと
後ほど気づくものが殆どなのだが・・・)が、
たくさんあった。


そんな中、
梅やモチ等、日本でもよく耳にするようなものは、
食べられます、と言ってしまったのが運のつき!


ママに”これ、梅よ。食べなさい。”
と言われ、梅なら大丈夫、と思った私は、
なんと浅はかだったのか。


完全に日本の梅干しを想像していた私は、
あまりの甘さに、おえ〜!!っとなり、
吐き出すのを我慢するので必死になった。

そう、台湾の梅干しは甘い。



けっしてマズいと言う訳ではないのだが、
とにかく、予想外の味がするものが苦手な私。
それ以来、そういうもんだと思えば
美味しいものだろうに、食べず嫌いになってしまった。




だが、ママは私が好きだと思って疑わないので、
こういうものもよくくれちゃうのだ。



そして、モチ。
台湾語でも、”モチ”なんて言うもんだから、
これは”通じる”って言うだけで、
勧められたままに、”ああ餅ね、餅なら分かる”、という
それだけの理由で食べただけなのだが・・・




これまたママに、”私はモチ好き”と印象を与えるのに
十分だったらしい。




日本の大福にも似ているが、
たまに中身にとんでもないものが入っていたりする。


そう、大福(っぽいもの)=甘い、という
私の観念を覆しちゃう、
肉そぼろ、なんてモノが入っていたりする。
肉そぼろはしっかりしょっぱく、
外の皮はまた、しっかり甘いのだ。
こういうイヒョウをつくものは、
苦手中の苦手。


何度かそんな経験して、こういう
モチ系も中身が怖くて
なかなか自分では手を付けようと思わないものになった。



今回はどうだろう・・・・





b0111876_2401963.jpg

       皿に一つ取って、
       あんこのちょうだいオーラを無視し、




b0111876_2415353.jpg

       あたしにもくれる?ね、ママ、くれる?





b0111876_2425674.jpg

       オレもいるんだけど・・・・






おそるおそる割ってみたら・・・







b0111876_2433994.jpg

      中身はちゃんと甘いゴマ餡だった。






ふう、やれやれ。





ただ、やっぱり量が一人では食べられそうもないので、
明日、仕事場にでも持っていこう、と企てた
罰当たりな私である。
       
      
[PR]
by sola-anko | 2008-03-10 02:57 | タイワン

始めの第2歩!

先週末、
犬見知り強化の為の第2歩目として、
あの広場へ行って来た。


b0111876_254783.jpg




!!!



なっ、なんだこりゃ!




なんで人がこんなにウヨウヨと・・・




b0111876_27192.jpg

      人だかり

b0111876_274675.jpg

      犬だかリ



今まで見た事ないくらいの人人人、犬犬犬、
に驚き後ずさりした私とこの2人。


b0111876_2101189.jpg

      こっこえ〜〜〜

b0111876_211641.jpg

      あたし、見ないフリ、得意なの〜



さすがに、こんな状況じゃ、2人を見失っても困るし、
2人にも刺激が強すぎるし、
ということで、人山犬山から少し離れたところで
2人を放つ事に。


b0111876_2133676.jpg





案の定、2人は犬山に近づこうなんて気は
さらさらないので、

b0111876_2153514.jpg

     食べ物必死で探し中。




不思議な事に台湾の道ばたには、
よくパイグー(スペアリブ、の中国語)の
グー(骨)部分がよく落ちているので、
(メンドウなので、これを以下、パイグーとする)
2人は目ざとくそれを見つけては、拾い食いをしてしまう!




なんとも危ない事だ。
喉につっかえて、窒息、または食道等に傷いって
大変な事になりかねないというのに、
私が注意してみていても、
知らぬ間に、2人はどっからともなく、
ちゃっかりとパイグーを見つけては、
怒られる前に食べちゃえ、と口をもぐもぐさせているのだ。


こういうときに、無理矢理出させようとしたりするのは、
かえって喉に詰まらせたりするので、
大きい声を出したりせず、冷静に対処したほうがいいそうだ。


ウチの場合は、パイグー見つけてしまったら、
しょうがない。と半ばあきらめたフリをし、
取り上げないから、ゆっくり食べなさい、という
オーラを出し、しっかり噛み砕いて食べているか、
そっと見守りつつ、(大体少し噛んだだけじゃ
飲み込めないので、ポロっと落としたスキに等)
口から離したのを見計らって、即座に取り上げる。



でも、できることなら、パイグーが落ちてない事に
越した事はないのだ。
あんな危ないもの、どうして道ばたに転がっているのか!







答えは簡単だが、
あえて触れると、そんな環境にいる自分がオチルので、
結局は台湾の食文化に関係している、とでもしておこう。







話がそれてしまったが、


b0111876_2374967.jpg




輪から、こんなに離れて控え見にしていたのに、
子どもに絡まれて散々な目に遭った。


b0111876_2402448.jpg




このコは、あんことそらをかわいがってくれたので、
とってもいいコだったが、
このコの妹、ったく、”あたしんとこに来なさいよ!
来なさいったら!!”とそらとあんこにキレて追いかけ回すし、
無理矢理引っ張るし、
(お兄ちゃんのとこに2人がいくのが面白くなかったらしい)
写真を撮ってる間もなく、2人を妹から守るので
必死になった私。



それでも、あっち↓
b0111876_2441348.jpg

の犬山よりはいいらしく、
子どもたちにされるがままになっていたそらとあんこ。







そんな中、私はいっぱい見つけてしまった。


b0111876_246747.jpg

      1ブヒ目。


b0111876_2471660.jpg

      2ブヒ目。


b0111876_2502839.jpg

      3ブヒ目。



写真にはおさめられなかったが、他にもあと3ブヒ見つけた。





さすが、日本に右ならえ的な台湾。
日本でブームになるものは
殆どそっくりそのまま台湾でもブームとなる。




いっぱいブヒを見たが、
あんこはやはり小粒のブヒのようだ。
何度かフレンチィの飼い主さんに
”何ヶ月ですか?”と聞かれた。
”いえいえ、もう2年です。”と答えるたびに
”ええ〜〜!ちっちゃいですね〜!
いいな〜!かわいい〜!!”と大声で騒がれる。
そしてまた人が私たちに集まってくる。


人に囲まれるのは仕事だけにしてほしい私と、
内弁慶のそらにとって、
こんな悪循環を生んでしまうあんこって
罪なフレンチィだ。









そして、ウチへ帰った2人は・・・・









b0111876_259406.jpg









私のベッドを2人でしっかり占領して
こんなんなって寝てる!!!

あまりの可愛さに(親ばか)
この写真をすぐにデスクトップに設定した私である。




やっぱり2人とこうやって生活している私ってシアワセ者だよな〜♪
[PR]
by sola-anko | 2008-03-06 03:06 | 毎日の事

病み上がりのそら、さっぱりする。

もう、この前のトリミングから既に2ヶ月。


さすがに、どうにもこうにもボサボサが
収まらなくなったそら。
なんだか別犬みたいで・・・


はっきり言って私がちょくちょく連れて行かないせいなのだが、
これではせっかくの男前も半減する。

まだ、(見た目からも)おっさんになってもらう訳にもいかないので、
本日、
ココ1年いつも行っている
サロンへトリミングにいく事に決定。



そこは、他と比べるとちと高い。

そらのサイズで、シャンプー&カットブローで、
700元。

他のところで、おんなじメニューで250元でやってもらった
ことがあるのを考えると、ベラボーに高いじゃないか、
とも思う。


でも何がイイって、友人つながりでオーナーとお知り合いなので
安心、信頼できるっていうところだ。
技術も優れているし、ココをこうやって、もっとあんなカンジ、と
気軽に注文付けられる。

そして私が夜メインに働いているせいで、
大体午後そらをトリミングに出し、夜お迎え、というコースに
なるのだが、その際、あんこだけウチに置いとく訳にもいかず、
かといってあんこのシャンプーはしてもらいたくない。
(以前何回かシャンプーに出した事があるのだが、
その度にお肌が真っ赤っかになってしまうのだ!!
自分で適当に洗ってやるのが一番あんこのお肌を痛めなくて済む・・・)
そんなあんこも、シャンプー等しなくても、
無料で仕事が終わるまで、そらと一緒に預かってくれちゃうのが
なんともありがたい。







最近、台湾も空前のペットブームで、
あちらこちらにワンコサロンができまくっているが、
気をつけなければならない事がある。



正真正銘のプロならば絶対しない事、
麻酔を使って犬をおとなしくさせ、
その間にトリミングする、という事が
実際にココ台湾では行われているらしいのだ。
日本でもそんなことがあると聞いた。



もちろん、そんなところは数少ないだろう。
でも、麻酔の怖さを少しでもかじった私からしたら、
全く信じられない事であり、
たかがトリミングで、そんな危険な目に遭わせるなんて
そんな許容範囲をかすりもしない事を、
ただ安いから、早く仕上げてくれるから、等の
安易な理由だけで、
危険なサロンに当たってしまったら、
あれだけあんこの手術の前、
麻酔に怖がっていた私はただの馬鹿、という事になる。


とにかく台湾にはうさんくさいものがたくさん
あふれているので、安いから、と飛びつくのは危険なのだ。


台湾に来たばかりの頃にダーによく言われた事。
それは、
”安くていいものなんてことは台湾ではありえない。
パッケージを信用するな!”
じゃ、何をどう信じてモノを買えばいいのか、
当初かなり困惑したが、
日本ぐらいなのではないだろうか、
安くていいものが見つかるのは・・・。


というわけで、
ウチは、少々お高めでも、
やっぱり信頼できるという点で、
いつものところにお世話になっている。




そして、今日の仕上がり。

b0111876_1323415.jpg

      

b0111876_1334896.jpg



b0111876_134471.jpg





う〜ん。
この前と同じライオンにしてもらったはずだが、
この前とかなり違う。
前の方が可愛かったかな。



ま、点滴の跡も目立たなくなったし、
毎回違うコライオンに変身するそらを見るもの
なかなか面白い。



次はどんなライオンに仕上げてくれるだろう・・・





そらがシャンプーがんばってるときに
寝てたやつ


b0111876_136328.jpg

      うん?

b0111876_1371134.jpg

      あたし、なんにもしらない〜






あんこのマイペースは今日も天下一品である・・・
[PR]
by sola-anko | 2008-03-01 01:26 | そら


台湾生まれのそら(ヨーキー)とあんこ(フレンチィ)と台湾→日本への大移動を経て、新たな生活が始まった・・・


by sola-anko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

縁の下の力持ち
at 2011-01-18 09:41
困った時の救世主
at 2011-01-09 22:53
今年最大のラッキー
at 2010-12-31 17:43
けっか
at 2010-12-24 23:50
どうして!(涙)
at 2010-12-23 01:43

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧