<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お気に入りのスタバで過ごす休日。

2月28日、今日は和平記念日で
数少ない台湾国民の休日だった。


最近、新たな”書く&作り上げる”という
仕事を始めた私は心なしか忙しくなり、
なかなかじっくり2人をかまってやれなかったのを
負い目に感じていたので、
今日くらい2人を連れ出してやろう、
と寒いのをぐっとこらえ、(大げさ!
カナダにいたときに比べりゃあ、そりゃもう暑い
部類に入るだろうに・・・)
2人もたっぷり着込んで
車を走らせた。




さて。どこへいこうか。



ここのところ、ワンコ公園立ち入り禁止令が
厳しく取り締まられているので、
お気に入りの公園たちから遠のかざるを余儀なくされ、
行き場に困っているのだが、
迷ったあげく、やはりあのお気に入りの場所へ
いつの間にか足が向いていた。




台湾にももちろん、あちこちにスタバがあるが、
スタバによって、あのミルクのアワアワが
いつまでもふわふわしてておいしいところや、
それがしゅんっとすぐしぼんで頂けないところ等、
当たり外れがあるのだ。


しかも2人を連れて行くとなると、
外の席が充実していないと私のお気に召さない。



そんなわがままな私のおめがねにかなうのが、
道路脇だが、噴水で目隠しされていて、
道路も見えないし、ゆったりとしている席のある、
本日お邪魔したスタバだ。



今日、注文したのは、
ルイボスティーラテ。


b0111876_0185561.jpg




健康のため、カフェイン中毒だった私が、
健康を取り戻すべく、ここ何ヶ月か、
極力カフェインをとらないようにしているので、
ノンカフェインのルイボスティーはありがたい。
なかなかいけるお味なので、今や私のお気に入りメニューになった。






b0111876_021062.jpg

      いいにおい〜〜〜


b0111876_022128.jpg

      どうぜ、オレたちにはくれねーよ。


b0111876_02308.jpg

      おお、さぶっ。

b0111876_0243641.jpg

      ママ、あのね。(寒いのでそらとおソロのセーター装着)

b0111876_0255080.jpg

      どうした?











b0111876_02644100.jpg

      あたしも入るの〜。




かっか、かばんがムギュって!!!
それ、そらんだよ。





b0111876_028850.jpg

      ふふふふふ〜





あんこぉ、ムリがあるんでないの?









b0111876_0301654.jpg

      まぁ、いいよ、やるよかばん。





なんだか、そらはすっかりと落ち着き払って
大人になったな、と感じる。






それに比べて、あんこのじゃじゃ馬ぶりときたら・・・・





年を重ねていくごとに対照的になる2人に
これからも目が離せない。





万が一、あんこが落ち着く、なんて事が
あった日には、(そうなってくれたら嬉しいけど)
彼女をレディーと認めてやろう。







結局じっとしていられず、
そらにかばんを明け渡したあんこ。






b0111876_0351143.jpg

      ふぅ、やれやれ





そら・・・っていうか、
おっさん入ってきた?
[PR]
by sola-anko | 2008-02-29 00:41 | 毎日の事

犬見知り克服強化月間

のはずだった。

だが、先日のそらの入院騒動やら
台湾なのに寒いやらで、せっかく今月掲げたこのスローガンは、
達成するまでもなく、もうすぐ2月も終わってしまうではないか。




これではいけない。


このスローガンは3月に持ち越す事に決定。





では、なぜこんなスローガンを立てたのか。





ウチの2人は揃いも揃って、犬見知りが激しい。
見なれたコ以外は全く拒否し、ご挨拶もままならない。
もちろん、私の教育が行き届いていないせいなのだが(反省!)、
これじゃあ、新しいお友達もできやしない。
犬社会でやっていけない。



せっかく会えた87ちゃんとも仲良くなれなかったし、
そらなんか知らないコが自分だけでなく、あんこに顔を近づけてくると、
”やっ、やめろよー!”と実際は怖くて咬めないだろうに
噛み付く真似をして、威嚇するのだ。



あんこはあんこで、ワンちゃんが寄ってくると、
腰を抜かしてそこから動けなくなってしまう。



おウチの中じゃ、オレ様お姫様だというのに、
外に出たとたん、まったくおとなしくなってしまう2人に、
犬好き台湾人の友人も、おったまげていた。





ということで、
幸い、ここ台中にはワンコの集まってくる場所がいくつかある、
そこを利用しない手はない、ということで、
毎週末、集まってくるワンちゃんたちの中に、
2人を放り投げて、ワン社会に慣れてもらうようにしようと、
私は企んでいるのだ。



もちろん、お出かけは大大大好きな2人だから、
あとはワンコもりもりの中にいる事に
慣れてもらえればイイ。





そんな決意をした最初の週末の、2人の様子がこれ。


b0111876_22123650.jpg

      そら:オレ、あっち、いかない。
      あんこ:お兄たん、いかない、あたしもいかない。


b0111876_22142080.jpg

      ママ:ほら、あっちに素敵なコがいるじゃない!
       (私の方がいろんな犬種に興味津々だったりして)


b0111876_22185368.jpg

      ママ:あっ!あっちにムコ殿のお嫁ちゃんがいるじゃない! 
         あんこにそっくりだよ、見てご覧よ!


b0111876_22204560.jpg

      ムコ殿と飼い主さんも、ほら。


b0111876_2222267.jpg

      隣に座っていたお姉ちゃんのおやつを催促してる
      あんこにそっくりムコ殿のお嫁ちゃん(妹分かも・・)


b0111876_2224348.jpg

      恐ろしい雄叫びで、みんなを震え上がらせるボクサー君。


b0111876_22254778.jpg

      お嫁ちゃんは、全くボクサーに動じてませんよ、
      ねえ、あんこ。


b0111876_22271556.jpg

      あんこ:あたし、しらない。
      (台湾人の友人にちゃっかり抱っこしてもらっていて、
       友人に遊んでおいでと言われても全く彼女の懐から
       動かないチキンのあんこ・・・)


b0111876_22292698.jpg

      それにしても、お嫁ちゃん、あんこに瓜二つだ。
      あんこより茶色が濃くて、しわが多いかな。
      ま、あんこの方が可愛いけど(親ばか!)




そらを放り投げると、

      
b0111876_22344423.jpg

      しっぽが既に怖いって言ってますよ(プププッ)


b0111876_22361074.jpg

      そら:マッママ〜!囲まれた〜!(悲鳴)
      ママ:自分で戻っておいで。



b0111876_22383751.jpg

      こんなおっきいチャウチャウなんかもいたりして。



b0111876_2241155.jpg

      ほら、ムコ殿だよ、あんこ!


b0111876_2242230.jpg

      あんこ:見ないフリ〜




とまあ、こんな調子なので、
2人がワン社会でやっていくにはもう少し時間が必要だろう。




春の陽気が感じられるようになってきたし、
(夏の暑さをも感じさせるから恐ろしい!)
イイ時期だろう、このスローガンに。



3月はできる限り
b0111876_22431045.jpg

この広場へ2人を連れて行ってやる事にしよう。


(2人のためなんていいながら、実は普段見ないような
ワンちゃんがいっぱいいるのが楽しくてしょうがない
私の為なのかもしれない・・・それは2人には内緒だ。)
[PR]
by sola-anko | 2008-02-24 22:50 | 毎日の事

そら、小安素(シャオ アン スー)で見事復活!

そらが退院してきてやはり気になるのが、
食べ物の事だった。
病み上がりに、すぐいつもの手作りゴハンじゃ
ヘビーかもしれない。

また吐かれたら困るし、でも栄養はしっかり与えないといけない。



どうしようかな、と思っていたところに、
ワンコ仲間からいい情報をもらった。


それが、これ。

b0111876_1541418.jpg

      (あんこ、近すぎるよ!そんなに見なくても
       後であんたにもあげるから・・・)



タイトルの小安素(シャオ アン スー)である。
一見ジュースの缶(350mlの)のようだ。
でも実はこれ、こう見えておこちゃま用、栄養ドリンク剤なのだ!
バニラ味とイチゴ味があるようだが、
私が買ったのは、バニラ味。



説明書きを見ると、入院中の子や退院直後のコで、
固形系が食べられないようなコたちの強い見方、
栄養満点ドリンク、などと書かれている。
もちろん人間様のもので、大人用もある。
病気じゃなくたって、食欲がないとき等の
栄養補給にもいい。


これをワンコ仲間から勧められた時、実物を見た事がなかった私は、
栄養ドリンク=リポビタンD(ちっちゃいビン栄養剤)を
思い浮かべたので、
ドラッグストアに行って、店員さんに出してもらったとき、
自分で出してと言ったにもかかわらず、
え?ほんとにこれ?と言ってしまった。



なんかおっきい。



台湾の子どもは日本の子より栄養が大量に必要なのだろうか?!
そう言えば、全体的におデブちゃんがいっぱいいるような・・・




とにかく、1ケース買った方がお得よ、と
しつこく迫るお姉ちゃんのおすすめを
断り、2缶だけ買ってそらに与えてみる事にした。
(どう考えたって、多すぎるだろう、1ケース。
だって、大きいダンボール1こ分。そんなに重いの、1人で持って帰れないし。)




これを勧めてくれた彼女はかかりつけの獣医さんに、
食欲ない時・病み上がりに
人間の子供用栄養剤がいい、と勧められ、
あげた事があるという。


でも、やっぱり人間用にひっかかった彼女は、
獣医に、本当に人間用の、いいんですか?と
突っ込んで聞いたらしいが、
答えは”そんな一年中飲ませる訳じゃないし、
一時ならかまわないよ。”だったらしい。


さすが、ここは台湾。
結構テキトーである。








開けてみると、ふわっとバニラのおいしいにおいがした。
すると、
”おい、それ、よこせよ!最近、ろくなもん食ってねーんだよ!!”
と催促する声が。




なんだ、そら。
これ大好きなの?




別のワンコ用ペースト状の栄養剤には
頑として口を開けなかったのに。



人間用の方が甘くておいしいのだろうか。




あんこにもあげてみたが、
あんこもお皿が削れるくらい舐めていた。






あら。意外。





2人にこんなに好評だったなんて。
2缶じゃ、足りなかったかしら?






そんな新たな大好物のおかげで、
体全体の赤みもすっかり消え、
栄養状態も良好。嘔吐も全く無くなり、
食欲旺盛。あんこと大げんかするまでに
回復したそらである。





b0111876_2244789.jpg

      ハラ、いっぱい・・・



b0111876_229776.jpg

      バニラ味〜






全身赤みがひどく、ところどころ大きい斑点状に赤くなった
退院後のそらのおなか。

b0111876_2311314.jpg




こんな斑点、入院前はなかったぞ!
と、退院してウチでゆっくりしてるときに気づいたが、
今はもう全くきれいに治ったので、
よし、としておく。
(もし、こんなに早く治ってなかったら、
 病院へ殴り込みである。)
[PR]
by sola-anko | 2008-02-23 02:44 | そら

川の字で寝られる幸せ。

17日、日曜日の夜。

10時になっても11時になっても病院から電話が来ない。
こっちから掛けても誰もでない。



くっそ〜!
またいつもの口だけ台湾人だったか・・・




腹は立ったが、もう夜中だし病院も閉まっている。
どうにもできないので、そらが元気になっている事を願い、
さっさと寝て明日一番に乗り込んでやろう、と決め、
早々にあんことベッドにもぐり込んだ。




・・・・




なかなか寝付けない。
いつもより早い時間だというのもあるが、あんこをムギュってしても、
いつもなら真ん中にいるはずの、ちょうど川の字の真ん中の一番短い
線がいないのだ。よく考えたら、ダーが上海に行ってから、
私たちは本当に川の字で寝ていた。
どの線がなくても川の字は成り立たない。


暗闇でもんもんとしていたその時、
携帯が鳴った!








”もしもし、○○動物病院ですけど、”








きっきたー!本当に電話くれたー!!!









”今、そらちゃん見に来たところ、
点滴を自分でびりびりボロボロにしちゃって、とれていたので、
今度は違う方の足に点滴しますけど、いいかしら?
点滴を自分でとるくらい元気になってます。
赤みもちょっと引いてますよ。
それから、ゴハンもちょっと食べて、今のところ
吐いていないから、明日の午後、退院できそうですよ。
明日の午後、病院の方に来てみてください。
このままいけば、大丈夫。明日帰れます。”











ああー!!!よかったー!!!!!!
せんせー、ありがとうー!
口だけなんて言ってごめんなさい(反省)。








もう12時近くだったと思う。
その病院は日曜日の夜、イベントがあるらしく、
そらを預けた際、先生に
”スタッフ全員出はらうけど、夜必ず獣医が戻ってきて、
入院しているコたちをチェックしにくるから、
安心してね。”と言われていた。






こんな夜遅くに戻ってくるって、
しかも時間外だろうし、そんな手当もつかないだろうに、
メンドクサイからまあいいわ、となりそうな
国民性の方々なのに、
本当に言った通り戻ってきてくれて、電話してくれた!!!




これで、一安心!さっさと寝よう・・・





・・・・







やっぱり寝付けなかった。
今度は嬉しすぎて。
そらが無事だという事。
台湾で、こんなに親身になってくれる獣医さんがいたという事実。
そして、元気になったと知ると余計に募る、
そらへの気持ち。







私は川にならないと寝られないようだ。


















そして、18日。午後1時半。






病院へ行くと、平日なのに、
ワンちゃんがたくさん来院していて、先生たちはてんてこ舞いになっていた。



”勝手に上がって(1階が診察室、2階が入院病棟)、そらに会ってあげて。
今忙しいから、ごめんねー。”




先生のその言葉を聞くまでもなく、
勝手にずかずか入っていってた私。




あんこを抱っこし、階段を上がると、
”おい!ひとりぼっちにしやがって!!
痛いし寒いしさびしいじゃないか〜!!”と
そらの声。
ワンワン、ではなく、くぅん、きゃふん、だったが、
それでも日曜の昼には見られなかった、
元気のいいそらの姿。






先生たちが暇になるまでまち、
そらもようやく点滴から解放され、
無事に私の手元に戻ってきた。











体はまだ赤い。
でも、そらが元気になってるのがすごく嬉しかった。







そして先生が血液検査の結果を報告してくれた。








以前、同じような事で入院してたときよりは
マシだった事。
今回は、ナトリウム値が低く、
点滴で補充してやった事。
血液は大体の値が、正常範囲内だった事。
白血球に問題はないので炎症等は起こしてない事。
赤血球の値で、一つの項目が少し低めなので、
今後、体調が優れない事が続くようであれば、
もう一回赤血球の検査をした方がいい事。
そして、今回体調が悪化したのは、
もしかしたら、2回目のレントゲンのときに
処方した胃薬が、そらの体質に合わなかったのかもしれない事。
その薬をあげるのを止め、今日は新しい胃薬を処方する事。







説明を受けたのは大体こんなところだろうか。






そして、私が一番印象的だったのが、
先生たちが、そらの今回の件について、
話し合ってくれていた事だ。
私が特に新しいものはあげてない、と言い張った(本当にそうだもの!)
事から、じゃ、もしかしたら、薬がそらに合わなかったのかもしれない、
という話し合いを、日曜日したのだそうだ。







これって、すごい事だと思う。




台湾で、”私みたいに外人が飼っている犬が
病気になった。でも飼い主は原因になるものを与えていないと言い張る。
ま、対処療法で元気になればそれでいいだろう。”
ぐらいの考えでもおかしくない。









それを先生たちなりにいろいろ討論し合っていたなんて!!








それは獣医として当たり前の事だと思うが、
台湾でニホンジン的当たり前を探すのは意外と苦労がいる。









ここの獣医さんたちは、本当に本当に動物が好きでやっている、
信頼できる獣医さんたちだ、と今回初めて心の底からそう思った。









b0111876_2171529.jpg

      オレ様、復活!

b0111876_2181333.jpg

      なんだよ、そんなに見るなよ。

b0111876_219234.jpg

      見るなってば!






今回もらった薬がこれ。
白いのが胃薬で、ピンクのが下痢止め。
下痢止めは、下痢しなければ飲まなくていい。

b0111876_2203990.jpg






ウチは薬はいつもシロップで割ってもらっている。
そして、この注射器で何cc取ってプチュっと無理矢理口に流し込むのだ。
そらは、どんなにおいしいシロップでも、
薬だとわかるらしく、生意気に飲むのを拒否るので、
無理矢理が肝心だ。





そして問題になったのが
このニッキをもっと強烈にしたようなニオイの
どろどろ胃薬。

b0111876_2253397.jpg



思い出してみれば、この薬をゴハン前にあげて、
ゴハンを食べさせたらそらが動かなくなった。
実はこの薬。以前にもそらに飲ませた事があるのだが、
そらの体質が変わって、(手作りゴハンのせい?)
合わないのかもしれないとの先生の見解だった。










b0111876_2271496.jpg




あんこも寂しかったのだろう。
2人のこんな姿も見られ、



b0111876_228278.jpg

      そら:お、重い・・・


b0111876_229545.jpg

      そら:ちょっと、もうちょっとそっちに!
      あんこ:聞こえません〜


b0111876_231284.jpg



そして2人は私の足下で仲良く眠りについた。



こんな2人を見ながらブログを書いている事で、
心にじわじわと幸せが染みわたる。






b0111876_234507.jpg



まだまだ、点滴の跡が痛々しいし、


b0111876_2354396.jpg



全身の赤みが消えていないそらだけど、
今夜から、川の字で寝られる。








こんな幸せな事はない。







そら、おかえり。
これからもずっと一緒にいようね。
もう、ママから離れないでね。










おまけ。
b0111876_2474050.jpg

      あのね、お兄たん、帰ってきたの!
[PR]
by sola-anko | 2008-02-19 02:51 | そら

そら、再び入院!

ついさっき、
そらが入院した。



そらのいないウチは、
どこか広く、寒い。


b0111876_1740646.jpg



昨日2人が仲良く並んでゆったり寝そべるようにと買ってきた
ワンコマットが、余計にそらのいない寂しさを感じさせる。






b0111876_17415934.jpg

      あれ?お兄たんは?







昨日、2回目のレントゲンを撮りに病院へ行った。
レントゲンの結果、問題になったであろう異物は、
もうそらの体から排出されたようで、
何も見つからなかった。



しかし、一昨日は吐く、元気が少しない、だけだったのが、
昨日の朝から(気づいたのが朝だった)体中、所々が
赤くなっている。目の上も赤く腫れ、
そらの左目だけがちっちゃくなってコチビオイワさんになっていた。




先生曰く、何かのアレルギー反応で真っ赤になっているとの事。



ここ、2・3日で新しい食べ物、おもちゃ、生活用品等身の回りで
新しいものを与えたり、買ったりしていないか、と
聞かれたが、全く覚えがないので、
ありません。と答えた。




しかし、
昨日は土曜日で患者(患犬?)が山のように押し寄せていて、
いつも見てくれる先生の機嫌が忙しさでよくなかったのもあり、
”ないわけないのよ!何かあるのよ!!ちゃんと思い出しなさい!!
じゃなかったら、この先どうやってこのアレルギーを防いであげるの?!
ちゃんと考えなさい!!”
と、すごい剣幕で言われたものの、
やっぱり思い当たらない。



そんな言い方しなくてもイイんじゃないか、と思ったが、
その時は、はい、とだけ答え、冷静にもう一度考えてみた。



思い当たるのは、一昨日飲ませたバリウムと、
注射。あえてあげればそれが新しくそらに与えたものだ・・・





その内科の先生、腕もとってもいいし、経験もあるし、アメリカで研修も
受けてきてるし、普段は一番話しやすいので、
私的には台湾ではかなり信用できる先生の一人だと思っている。



一番信用できると思ったのは、
どんなに忙しくても機嫌が悪くてもわんちゃんに対する態度は
絶対変わらずやさしく親身なのだ。



だからって、機嫌が悪いからって飼い主に対する
態度だって気分に左右されるべきではないと思うが、
”ココは台湾”と私もあきらめているのだろうか、
今回はあまりむかっ!!とくる事もなく、
冷静にいられた。
そんなことより、そらが心配だった。







そんなこんなで、
昨日は抗アレルギーの注射と胃の注射を2本ブスっと受け、
1日5食にわけてゴハンを食べさせるようにと注意を受け、
胃薬をもらって帰ってきた。






ウチに帰って、茹でチキンひとかけらとそのゆで汁を
与えると、おいしそうにがっついたそら。



これなら大丈夫?と思ったのもつかの間、
そらがお座りしたまま動かない。
胃にモノが入ると痛いのだろうか。
体は震え、一歩も動けないようだった。






急いでベッドに横たわらせたが、
抱っこしたら余計にそらが元気がないのが伝わってきて
切なかった。





こんな時、何にもしてやれない自分に
一番腹が立つ。





昨夜のそら。


b0111876_1811362.jpg




b0111876_1814029.jpg

      お兄たん?どうしたん?


b0111876_18152629.jpg

      だいじょぶ?お兄たん?


b0111876_18163464.jpg

      あんこ:痛いの痛いの、とんでけー!
      そら:とんでかねーよ。








そして今朝。
体中が真っ赤になってしまい、赤みが昨日よりひどい。
更に元気も全く無くなった。



そして嘔吐。








入院前のそら。
b0111876_18181043.jpg



b0111876_18202487.jpg



もう、物音にも反応しない。




今日は日曜日で、更に人が多いであろう病院に行くのは
嫌だったが、背にハラは変えられない。





前を走っているのろのろベンツにイラッっとし、
(なんで、ベンツなのにおそいんだよ!しかもこんなときに!!)
なんとかそいつを追い越し、マッハで病院に駆けつけた。





やはり病院は人でごった返していた。
1時間以上、待たされただろうか。
その間、そらをしっかり抱いていたが、
そらは小刻みにふるえ、全身の赤みもひどい。



1秒でも早く診てほしいと願いながら待った。



ああいう時間というものは、
実際の時間以上に長く感じる。




私より後に来たおばちゃんが割り込もうとしたが、
他の飼い主サンたちが、”このコ(私)の方が早く来てたから、
このコが先よ!!”と言ってくれ、
割り込まれずにようやく診察室へ。



一目見ただけで、
”ああ〜、そらちゃん、元気ないね。赤いね。これはだめだねー。
入院だよ。”






やっぱり・・・・






何となくそうだろうと思いながら来院したので、
わかりました。と素直にそらを差し出したが、
そらを渡したとたん、涙があふれてきた。





そこへ診察室に勝手に入ってきたおばちゃんが、
私にたたみかけるように話しかけてきた。



”あらー、このコ、どうしたん?入院なの?
まあ、かわいそうに!あら、体が真っ赤ね。
アレルギー?アレルギーだったらだいじょうぶよ。心配しなさんな。”







うるさい、うるさい、うるさい。
何を根拠に大丈夫だというのか!








そんなおばちゃんをかまっている心の余裕はないので
完全無視し、
先生に”くれぐれもよろしくお願いします”と
お願いし、
先生の”夜、そらの様子を電話で報告するから、
心配しないで”という言葉を聞いて少し持ち直した気持ちで
病院を後にした。





明日の朝一でそらのお見舞いに行く。




そら、ごめんね。
なんにもしてやれないママで本当にごめん。
[PR]
by sola-anko | 2008-02-17 18:49 | そら

そら、再び嘔吐する。

3日前、誰かが吐いたであろう跡を見つけた。
明らかに私ではないから、
そらとあんこのどっちだろう、と気になったが、
2人ともご飯もよく食べるし元気だったので
そんなに気にとめなかった。

しかし、2日前、
ゴハン後何時間も経ってから、私の目の前でそらが吐いた。




そらだったのか!!!




そらは、毎食後何時間かして必ず
黄色い胃液と食べたものをたっぷり必吐いているようだ。


昨夜ウチに帰ると
部屋中が吐いた跡だらけ、
さすがにこれはただ事ではないと思い、
以前のそらの緊急入院を思い出した。
(旧ブログ、そら、ダウンそら、緊急入院!そら、点滴中参照)


とにかく低血糖を起こしてはいけないと思い、
蜂蜜をなめさせようとしたが、そらのお気に召さなく、
全く口にしようとしない。


それでも水分だけでもとらないと、
と夜中スーパーに走り、チキンを買ってきて
チキンスープを作り(チキンのゆで汁)それを飲ませ、
少しチキンも食べさせた。

食欲は無い訳ではないし、
物音に反応し吠えるので、
以前ほど緊急でもないかな、と思ったのもつかの間。


今朝、やはり吐いたそら。


もう、ソッコーで病院に駆け込んだ。


レントゲンを撮られ、
胃の注射をブスっとされても
クンとも泣かないいいコのそら。

そんなそらを見て
泣きそうになったが、ぐっと目頭をこらえた。


触診でも、そらは胃、腸のあたりを
痛がっているとの事。


そしてもらったのがこの薬。


b0111876_14584987.jpg



犬用、バリウムといったところだろうか。


今日のレントゲンでは映し出されなかった
ビニールやらちっちゃい種やらまでも映し出すようにするものだ。


これを飲んで24時間後、
またレントゲンを撮る。


今日は飲まず食わずにしなければならない事、
保温をしっかりしなければならない事、
今より元気がなくなったら、即病院に連れて行き
入院させる事、等の注意を受け、
ウチに戻ってきた。



どうもそらは胃腸が弱いようだ。


ごめんそら。
もっと早く病院に連れて行ってやればよかった。

吐くなんて普通じゃあり得ない事なんだから。


今日はヒータの前はそらに譲ってあげてよ、
あんこちゃん。





昨日のそら

b0111876_154158.jpg



b0111876_154593.jpg

   あんこは真似っこしているだけだが、
   そらはどこかしんどそうだ。



b0111876_1562421.jpg




変なものを食べさせた覚えもないし、
食べるのも見ていないが、
どうしちゃったんだろう、そらの体。




入院、免れるといいんだが・・・・
[PR]
by sola-anko | 2008-02-15 15:13 | そら

念願の寝正月!

2月7日、台湾の元旦は、
ダーの計らいで、一日中寝て過ごす事が出来た。
(元旦は特に実家に行かなくてもイイと、
私にお休みをくれたのだ。ラッキー♪)

別に寝てばかりいなくてもよかったのだが、
なにせ寒くて寒くて、
ウチから出ようという気が全く起こらなかったので、
結果的に寝正月となった。


寒さと曇りの天気が、
2人を連れて朝ご飯でも、
なんて決断をあっけなく打ち砕き、
それでも私とずっと一緒に入れるのがいいのか、
2人もまんざらでもなさそうだった。
(2人も寒いから外に出たくないだけかもしれないが・・・)



b0111876_313741.jpg


2人は私の椅子を陣取り、
仲良く肩寄せ合って、ぐっすり。


b0111876_3152014.jpg


毎日、つっかみあい、取っ組み合いの喧嘩をする
2人だが、
2人だけで留守番の時間が多いせいだろう、
私が期待する以上に
仲良しこよしだ。

b0111876_3172877.jpg


こんな風に、
あんこのお腹のところに
そらがちょうどすっぽりハマって
お互いしっくりきてる様子がなんとも微笑ましい。


b0111876_3251176.jpg


これって、ラブラブカップルが
よくする格好じゃない・・・(笑)



時間が経つのも忘れて、
こんな2人を飽きもせずずーっと見つめていた1日だった。




b0111876_3295166.jpg


注意)あんこちゃんは、全く動いてませんが、死んでませんので(笑)






さ、明日こそは、出かける前に
2人を連れ出してやらないと。
正月2日目は、嫁が実家に帰れる日で、
(台湾は、実は生活面において男尊女卑とでも言うのだろうか、
そんな風習が日本より色濃く残っていて、
正月は旦那の実家で大家族のために身を粉にして働く。
でも正月2日目だけは、自分の実家に帰っても良い、
という嫁にとっての休息日なんていう日が決められている。)
ダーままの方でなにやらあるのだろう。
帰るところがない私は(一日だけ日本に帰るなんて不可能である)
明日はダーの実家に来いとダーから言われている。


そしてダーは昨日に引き続き、
今、お金を稼いでいる真っ最中。
正月三が日の夜は、延々と続くだろう。



どうせ寝る間も惜しんでやるんだったら、
どかーんと稼いでもらいたいものだ!



そんな私の念をダーに注入し、
明日に備えて
私はさっさと2人と寝る事にしよう。
[PR]
by sola-anko | 2008-02-08 03:51 | 毎日の事

どこに住んでも大晦日は大変だ!

6日は台湾の大晦日。
大晦日の夜は大家族で食卓を囲んで夕飯を食べるという
習慣があり、毎度の事だが、ウチもダーばあちゃんちに
半強制的に?いく事になった。

日本だって、旦那の実家に帰らなければならないだろうし、
欧米だと、クリスマスがそうらしい。
大晦日が大変なのは世の常だ。


ところで
日本は年越しにそば、元旦にお雑煮、おせち等を食べる習慣があるが、
台湾は、大晦日にこれを食べる、という決まりがある。

鳥、鴨、魚、肉(ブタ、牛)が必須アイテムだ。
中国語の発音で、
ジー、ヤー、ユー、ロウ。
これが大晦日の食卓を飾らなければならない。
鳥だって鴨だって肉だろうに、
なぜかその2つはべっこで必要らしい。
その他、鍋物や漢方たっぷりスープ、野菜炒め等、
これぞ台湾の家庭料理というものがずらりと並ぶ。


実は私はこの家庭料理というのが苦手だ。
まず、見た目。
色合いが全くない。あれも茶色、これも茶色。
時々白や黒も混じっているが
ほとんど茶色で埋め尽くされる食卓は、
彩りを重視する食文化で育った私にとって、
まったく食欲をそそらない光景だ。
写真を撮らなかったのが残念。
味も、悪くはないが、
日本料理のような繊細な味はしない。

そう言えばフランス人の友人は、
台湾の家庭料理は全く駄目で、
食事にお呼ばれしても全く手をつけず、
解放されたとたんセブンイレブンに駆け込んで
食料を買い占めていた!


私はそんなに極端に駄目ではないが、
今日も特定の皿に箸をつけただけで、
食事終了。
(中には茶色いながらも絶品がある!)


お年玉をあげもらいし、爆竹を鳴らし、
日本語がちょっとだけ通じる
ダーばあちゃんに、”じゃあね〜、おばあちゃん、元気でね〜!”
と日本語で挨拶し、
ひとまず家族の会合から解放された
ダーと私が次に向かったのが、
ダー友達のたまり場。


・・・



そう、ここからがお正月の醍醐味の始まりだ。
わらわら集まってくる連中と、
朝まで麻雀、トランプが始まる。
1年に一度やってくるこの大イベントに、
ダーだけでなく、みんな意気込んでいる。
なぜって、大きい声じゃ言えないが、
お金を掛けるからなのだ!

(注意:警察に見つかったら捕まる。
賭け事は日本と一緒、してはいけない事になっている。
が、ココは台湾。みんな暗黙の了解で
お正月は年に一度の賭け事解禁期間と
みんながかってにそう決めているようだ・・・)


私は麻雀なんてできないし、
オールはお肌に悪いし、そんな元気な年でもないし、
無理にダーにくっついててもつまらないし、
2ヶ月分の生活費を稼ぐくらいがんばってね、と
ダーに私の運をたっぷり託し、
ダー友達に挨拶だけして、
これまたさっさと1人で帰ってきた。





帰ってくると、そらとあんこがう○こまみれ、
お○っこまみれになってるではないか!!!

ぎゃー!


ここ2、3日、雨で寒くて外に連れて行ってやれなかった
だけでなく、今日もお留守番だったから
悪い事したな・・・と反省しつつ、
せっかくメンドクサイ正月行事から早々解放されたのに、
掃除でへとへとになり、
なんだか余計に疲れた。



明日晴れてたら、
2人を連れて外に朝ご飯でも食べに行こう。
スタバならやってるだろうから。
[PR]
by sola-anko | 2008-02-07 02:51 | タイワン

新年の抱負、実行に移す。

ココ台湾では、旧暦のお正月は一年で最大かつ重要なイベントだ。

日本人の私としては、西暦1月1日がお正月であり、
台湾にいるものだから、台湾のお正月にも包まれ、
一年に2回お正月気分を味わえる。

いよいよ明日、大晦日を迎える台湾は、
もうどこへ行っても人だかりと車の列。
みんないそいそとお正月の準備に追われている。

ダーも無事上海から戻り、ボスの帰国で
2人がすっかり借りてきた猫みたいに
おとなしいいいコに変身し、これで我が家も
台湾のお正月を無事に迎えられる。

そして、ふと思い出した。


日本のお正月のときに
”健康第一”なんて目標を掲げた事を。


それはもちろんそらとあんこも含めての事であり、
最近2人のお口が臭うのをほってはいけない、
と、こんなグッズを引っ張り出した。



b0111876_2023794.jpg



おこちゃま用のぶくぶくペーッと、
ダイソーで手に入れたベイビー用歯ブラシと3歳児用歯ブラシ。

以前も2人の歯の健康のために
歯磨きしよう!と決めたが、
真ん中のベイビー用は
指にはめて使うのだが、そうすると大きすぎて
そらの口に奥まで入ってかないわ、
嫌がるわ、面倒くさいわで、
結局お蔵入りになっていた。



そして今回はヘッドが小さく柔らかい
3歳児用の歯ブラシを使ってみる事に。



ぶくぶくペーッは、
子供用なので甘いイイにおいがする。
わざわざ高いワンコ用の歯磨き粉を
買わずしても
これを水で薄めて使うといいらしい。



2人を捕まえて、早速歯磨きタイムだ。

b0111876_20111372.jpg

      おい、やめろよ!

b0111876_20122347.jpg

      やめろったら!!

b0111876_20131992.jpg

      うん?この甘いの、なかなかいける。



嫌がるそらの歯磨きをなんとか終わらせ、
次は、後ろでそんな様子をじーっと見つめるお姫様の番。



b0111876_20162738.jpg

      ママー、あたしも〜

b0111876_2017642.jpg

      うん、いいかおり〜、

b0111876_20175180.jpg

      あまいあまい〜〜

b0111876_20183823.jpg

      ママ:食べるんじゃないの!磨くの!!

b0111876_20192795.jpg

      磨くのいやぁ〜

b0111876_20201955.jpg

      しゅわしゅわ、気持ち悪いの・・・



2人の歯磨き、結構体力を使う・・・
あまり歯磨きになっていなかったし、
きれいになったかも疑問である。



磨き終えてへとへとになった私は、
多分また続かないだろうと思いながらも、
新年の抱負を口だけにしないように、と喝を入れた。
[PR]
by sola-anko | 2008-02-05 20:31 | わんこの健康のために

寒い夜の過ごし方・その2

今日は毛穴が閉じるほど寒い!



そこで思いついたのが、あれ。




この前、抽選会で当たった使えないと
思っていたもの。




b0111876_259225.jpg


電気ヒーターを出してみたら、
ソッコーでこの2人、前を陣取った!


   (後ろに転がっているスリッパは
    そらとあんこの共同作品。名付けて、”かみかみ無印スリッパ”
    台湾の無印で日本価格より高めなのに、洗濯機で洗えるのが魅力で
    フンパツして買ったのがこの有様である・・・)


b0111876_305984.jpg

   

特にそらは、へんてこな機械から
あったかい風が出てくるのが不思議でたまらないらしく、
ヒーターをじっと見ている。



当たったときはあれだけ使えない〜、と
ブーブー言ったが、
それがどうした、こんなに良いものだったとは!


台湾に来て、初めて冬に暖房器具を使った。
やっぱり寒い夜には暖房つけてぬくぬくするほど
幸せなものはない。


私もこいつから離れられなくなりそうだ。



b0111876_311862.jpg


2人も一つのベッドを押し合いへし合いで
なんとかヒーターからのぬくぬく風を
独り占めしようと必死だ。



b0111876_3124912.jpg



ところがしばらくすると、
1人いない。



???





b0111876_3134496.jpg



ちょっと近すぎて暑かったようだ(笑)
じゃ、あんこは暑くないのだろうか。




b0111876_3145281.jpg







そんな心配は無用なようだ。







b0111876_3162678.jpg

      やきいも〜〜むにゃむにゃ・・・






b0111876_319073.jpg




そらはしばらくして冷えるとまたヒーターの
所に戻り、やっぱり暖かい風が出てくるところをじーっと
見つめていた。





とにかく、電気ヒーターは、私たちにとって
意外に役に立つものだった。



そらもあんこもお気に入りのようだし、
これからしばらくはお世話になるだろう。




あわよくば、おコタがあれば・・・・



やっぱり日本の文明はすばらしい。
冬はおコタでみかん。
いつかココでもやってみたい。
[PR]
by sola-anko | 2008-02-01 03:34 | 毎日の事


台湾生まれのそら(ヨーキー)とあんこ(フレンチィ)と台湾→日本への大移動を経て、新たな生活が始まった・・・


by sola-anko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

最新の記事

縁の下の力持ち
at 2011-01-18 09:41
困った時の救世主
at 2011-01-09 22:53
今年最大のラッキー
at 2010-12-31 17:43
けっか
at 2010-12-24 23:50
どうして!(涙)
at 2010-12-23 01:43

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧