<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

フライング大将。

9月14日。
わが家の、じゃじゃ馬あんこ姫の誕生日だ。

あんこが生まれてもう2年になる。

今までいろんな病気と闘ってきた。
これからもいろんな事があるかもしれない。
特に皮膚が不安要素だ。
そんな不安要素に打ち勝つべく、
最近新しく試した入浴法が思いのほか効果があり、
皮膚の状態がすこぶる良くなった。
その入浴法については近日公開したい。

とにかく、これからも手の焼ける元気なあんこでいてほしい。


夜は子羊のステーキ骨付きで、お祝いしよう。


プレゼントに、キャラメル味のついたヘチマデンタルを買ってみた。

b0111876_2302427.jpg


本当にキャラメルの甘い香りがする。
ヘチマで出来ていて、歯磨き効果がある。

b0111876_2311055.jpg


もちろん、姫だけにとはいかないので、
王子の分も買った。

b0111876_2315338.jpg

      ちょーだい♪ちょーだい♪

b0111876_2323572.jpg

      オレにも?!

b0111876_2325766.jpg

      かぷっ!!!(まだ、まて!!の指示がでてるのに・・・)

b0111876_2333160.jpg

      がまんがまん・・・・うぅぅぅ・・・


誕生日だろうがなんだろうが、
やっぱり、あんこはフライング大将だった。





そして予想通り、ヘチマデンタルは30分もしないうちに
見るも無惨な姿になった・・・・







おまけ・・・

以前ぷーちなびのワンンコフレンズのコーナーに
あんことそらを載せた。

そうしたら、なんとぷーちなびさんから、
こんな素敵なカードをいただく事が出来た。
b0111876_4373188.jpg


皆さんも、覗いてみて!ワンンコフレンズ
右端の”9月14日お誕生日のお友達”
の1番下に、ウチの姫が見つかるはず。
[PR]
by sola-anko | 2007-09-14 02:39 | あんこ

しこり

b0111876_4281084.jpg


我が家のあまったれ王子、そら。

9月8日(土)。
そらをなでていた時、
首のところにちっちゃいしこりのようなものを見つけた。

そらは子犬時、胃が弱く胃炎で吐いたり、
事故で怪我を縫ったり、
気管虚脱でぜぇぜぇが止まらなくなって夜病院に駆け込んだり、
胃に異物混入で吐きまくり、低血糖になって入院したり
(旧ブログ、カテゴリー そら のそら、ダウン〜ただいま参照。)
以外は、健康そのものだった。
”〜以外”なんて書いてみたが、結構いろんなこと経験してきたなー、としみじみ。

でも、あんこのように皮膚も全く問題ないし、食べ物も大丈夫だし、
歩き方や骨なんかにも全く問題がない。

強いて言えば社交性に欠けるところくらいだろうか。



そんな元気なそらの首のところにできているしこり。
大きさは米粒ほどもないぐらいだろうか。
いつからできたんだろう。

b0111876_4453776.jpg


よく見ると、こりっとしている真ん中にプチっと赤い点が。
何かに刺されたのだろうか。
でも、蚊にはかなり気をつけているし、
あんこのヒートに気を使い草むらなんかには行ってないし。
虫に刺されるっていう確率は少ないように思えるが、
知らぬ間に・・・?



しこりっていうのがなんだか恐ろしい。
ケンを癌で亡くしている私は、敏感すぎるかもしれないが・・・


とにかく素人では何もわからない。
ここは病院のお世話になろう。

そらで病院へ行くのは1年ぶりくらいだ。


どうかなんでもありませんように・・・・
[PR]
by sola-anko | 2007-09-10 05:03 | そら

カボチャパンツとそらの心配

b0111876_2134766.jpg


カボチャパンツ、紙おむつ完全装備のあんこ。
なんだかやっぱりシンドイようだ。

犬も人間も女の子は大変なのだ。

b0111876_216111.jpg


用を足させた後、カボチャパンツはちょっとメンドウだったので、
紙おむつだけにした。
だがご覧の通り。

b0111876_2182932.jpg

           ちんどいの・・・・


カボチャパンツをはかせても
あんこは全く嫌がらないおりこうさんだ。
そしておパンツがよく似合う。


なんて言っている場合ではなく、
今回は生理痛がいつもより重そうなのが心配だ。
しかも、量も半端じゃない・・・

元気なら、おパンツはいて
夜中にこっそり散歩にでも連れ出してやりたいところだが・・・


b0111876_2110010.jpg

      そら:ねえ、ママ。あんこどうしたんだ?

b0111876_21104879.jpg

      そら:なんだかいつもと違うよ。
      あんこ:・・・お兄たんには・・・わからない・・よ・・・
                うぅぅぅ・・・

b0111876_2113788.jpg

      そら:心配だよー。ママー。


なんと優しいそら兄ちゃんだろう。




まあ、私が独断と偏見でそらが心配しているように見えるだけかもしれないが、
そらの表情はまさに心配している顔だと感じる。

皆さんはどう思われます?
[PR]
by sola-anko | 2007-09-08 21:22 | 毎日の事

女の子の日

9月5日(水)。

ウチの姫についに来た、3回目の女の子の日。


今回はあんこにしては早く始まった。
1回目と2回目の間は10ヶ月近くあったから、
今、前回のが終わってまだ6ヶ月。
こんなに早く始まるとは思いもよらなかった。




さて、ヒートが始まるという事は、
我が家が血まみれになる、とうことで。



血まみれというのは大げさすぎたが、
あんこは量がかなり多い。
しかも、自分で処理をするという事が
全くもってないのだ。
そらだって、我関せず。


友人が飼っているコは、
量もほんの少しで自分で処理するし
気にならない程度だと聞いたから、
あんこの初めてのときにはそれはもうびっくりである。

歩くたび、ポタポタ・・・
拭いてはポタポタ・・・

ソファーも床も、シミだらけになった。

しかもそれが3〜4週間、ずーっと続くのだ。

おまけに想像妊娠で、終わっても3、4ヶ月お乳が張ったまま。



2回目も今回も生理痛なのだろう、
始まりのときにかなりシンドそうだった。
犬も飼い主に似るというが、
そんなところ、似なくて良いのだ。


これは大変だ、とあわてて引っ張り出して来た
生理用グッズがこれ。


b0111876_233492.jpg


向かって右が介護用にも使える、紙おむつ。
そして左がサスペンダ付きのカボチャパンツ。
台湾で手に入るおパンツのなかで、これが一番お手頃で
使い勝手がいい。
サスペンダが付いてないものだと、ずれるずれる。
ちなみに右下の端に見えるのはあんこのオツム。


紙おむつをはかせた上にカボチャパンツをはけば、
完璧である。
もちろん、紙おむつなしでもカボチャの方に
人間用のナプキンを付ければそれでも良いのだ。



ただ、これをはかせたままにはできない。
用を足すときには、脱がせてやならければならないのだ。
そのタイミングを逃さないようにするのは
結構大変だ。
だから、結局寝るとき以外、ほとんど使えない。
我慢させるのは可哀想だと、
かえって私の方が気になって落ち着かない。



b0111876_245294.jpg

   ママ: あんこちゃーん、おパンツよ。
   あんこ:ごはん♪♪♪

b0111876_2464325.jpg

   そら:オレ?
   ママ:ううん。そらくんはおパンツいらないから。



いつもは去勢済みのそらが
あんこのヒートに興味を示す事はないのだが、
あんこも熟女になってきたのだろうか・・・

b0111876_2495064.jpg


今回はほんのちらっと、
そらがあんこの処理をお手伝いしていた。


これから3週間ばかり、掃除に追われる事になる。
私は覚悟を決めた。
[PR]
by sola-anko | 2007-09-07 03:08 | あんこ

病院不信

旧ブログでもちょくちょく登場した病院話。

特にあんこが我が家の一員になってから、
何かとお世話になっているのが病院だ。

今までにいろんな病院へ行ってみた。
それぞれに、ここはいいけど、ああいうとこがちょっといただけない、
があり、結局未だにどこが一番いいのかわからない。

旧ブログで登場するいつもお世話になっているところも、
先生が3人いて担当がちょくちょく変わるし、
その中でも信頼できると思った先生ですら、気分にむらがあり、
態度が変わってくる。

今まで知らなさすぎたが、人間でも医療ミスがあるのだから、
ましてや動物なんて、である。

最近ネットで動物の医療過誤について調べていたが、
あるわあるあわ・・・
ちっちゃいチワワちゃんが、獣医に殴り殺されるなんていう、
医療云々以前の信じられない、吐き気がするような話だって実際に
起こった事。



実は台湾に来てから、私はかなり病気がちになった。
なにかと、病院に行く機会が多い。
特に夜中に救急病院へ、というのがほとんどだ。

私はそんなに病気するたちではないのだが、
台湾に住んでいて受けるストレスがあまりにも
私のキャパを超えているのか、台湾が本当に合わないのか、
とにかく日本やカナダでは味わわなかったストレスが山盛りで、
そのせいと思われる病気をたくさんしてしまうのだ。

病院でしてもらった処置、処方された薬。
なぜか私は100%信じる事ができない。
世界でも台湾の医療はトップレベルだと言われるが、
私はどうもいまいち大船に乗って医療を受けることができない。
台湾で処方された薬を飲んで、
副作用で苦しんだという経験もあり、
日本ではそんな事全くなかったから余計そう思うのかもしれない。

だから、チクイチ看護士である実家の母親に、
こうこうこうでこんな薬をもらったんだけど、いいのかな、
と確認するのが習慣になってしまった。




人間の医療でもこんなに不信感を抱く私は、
案の定、獣医療にも疑問を持つように。

もちろん、始めからではない。
獣医の言う事が100%正しいと思っていた。
小さい問題でもすぐに飛んでいった。




でも、ちょっとまった!である。


例えばあんこのお肌の問題。
2、3件の病院で同じ事を言われたのだが、
ぱっと見だけで、
”これは湿気が原因ですね。じゃ、注射を打ちましょう。
後は薬を飲ませてね。”
皮膚の問題は原因が1つとは限らないはず。
なぜよく調べもせず、そう言い切るのか・・・

今まで注射や薬でひどい副作用が出ていなかったから
よかったものの、今まで言いなりになってきた私は
なんと馬鹿だったのか。
(あんこは1回、咳の薬で全身真っ赤になってしまった事がある。
詳しくは旧ブログ、
さらに病院からもらった薬用シャンプー使用後、
余計悪化した事も。これも旧ブログ、脂漏症。)

注射される前に、なんのための注射なのか、
薬はなんの薬で副作用はないのか。
聞かなければいけない、知らなければならないことを
まったく省いていた。



事故が起こってからでは遅すぎるのだ。
病院へ行くときは、ちょっと嫌な患者の飼い主になってやろう。
それで、一生懸命説明してくれるところが、
本当に信頼できる獣医なのだと思う。

せっかく決めたあんこの避妊も、
未だ信頼できる先生が探せないでいるので
躊躇している。





ここで、私がイッチョマエに良い獣医とは、
動物医療ミスについて、などと偉そうな事を言うことはできないが、
皆さんも、可愛い我がコの命に関わる事。
ちょっと時間があるときに、
獣医や医療ミスについて、調べてみると良いかもしれない。

常識の範囲で私がたどり着いた情報も皆さんに
これからお教えしていこうと思っている。


つい最近、また新たな病院を開拓すべく、
訪れたところは
よくよく中を見渡すと、台湾獣医の資格ではなく
アメリカのライセンスしかもっていなかった。
いいのか、それで?

そこでも、何の説明もなしに、注射をぶすーっっと2本。

それでも待合室で、
こんなに満面の笑みを浮かべる我が家の姫。


b0111876_4441154.jpg


それに比べ、自分じゃないのになぜかブルーの王子。


b0111876_4454693.jpg




ここでもらった薬は途中で止めてしまったが、
今あんこの皮膚の状態はかなりいい。
薬用シャンプーと食事に気をつけているおかげなのか、
よくわからないがとにかく調子が良くなっている。
(もちろん、素人判断は良くない。)


あんこの皮膚は、湿気と食べ物に反応するようなので、
薬用シャンプーと食事で改善できるようにしたい。
薬漬けというのはやっぱり恐ろしい。



暗い話になってしまったが、
人間もワンコも健康が一番である。
2人にはできるだけの事をしてやり、
長生きしてほしいと心から願う。
[PR]
by sola-anko | 2007-09-05 05:03 | 病院

ムコ殿

日曜日。待ちに待ったお休みの日。

それなのにダーは、中国出張でもらって来た風邪を
こじらせてしまった。
土曜からずーっと寝たまま。

しょうがない。
せっかく晴れたし、2人を連れて台中市民広場へ行く事にした。

(それにしても、中国で風邪を引いたなんて・・・
新型の病気はいつも中国から発生してるっていうのに・・・
まったく、恐ろしい。鳥インフルエンザだったら!!!)


b0111876_23584543.jpg

     今日はどこ行くんだよー。病院は嫌だぜ。

b0111876_02352.jpg

     ママ、安全運転で・・・


実は日曜日にそこへ行くのはこれが初めて。
いつも土曜日に行っているのだが、
日曜の方が人もワンコも盛りだくさんだと聞いていたので、
かなりわくわくしながら広場へ急いだ。


 
b0111876_071935.jpg

     車の中から見えた、広場の前。
     赤い幕に書いてあるのは、里親探し実施中!みたいな事。


そうか、今日は里親探しの日でもあるんだ。


b0111876_0101853.jpg


それにしても、人が多すぎる・・・
ワンコよりも人がうじゃうじゃ。
何の日だ?


2人は案の定、人とワンコの多さに驚き、
ノーリードでも、私の側から全く離れなかった。




よく見ると、




あ!


b0111876_0124960.jpg



ム、ムコ殿ー!!
後ろ姿がなんともかっこいい☆
(後ろ向いているのが残念・・・)


あんこはムコ殿に目もくれず、
自分より小さいチワワにご挨拶。

b0111876_0151684.jpg



そう。あんこは自分より大きいコは苦手なのだ。
ムコ殿はあんこより一回り大きい。
大きいコに詰め寄られると、腰が抜ける。


他にもフレンチィが以外とたくさんいて、
台湾でもブームになっている事を確信した。

そうなると、乱繁殖が行われる訳で・・・


どうも、今日見たフレンチィたち、
ぱっちりお目目のコがいなかった。
あんこがぱちくりお目目すぎると言われれば
それまでなのかもしれないが、
ぎゃ〜〜〜、かわいい〜〜〜、と
駆け寄っていきたくなるコがいなかった・・・
そう、私のツボにはまるコがいなかったのだ。
日本のコを見てると、ツボ刺激されまくるのに。


広場の中で、
まだ生後2ヶ月の赤ちゃん2匹を連れて来て
商談持ちかけてるおじさんがいた。

そのおじさん、私にもあんこをいくらで買ったか
聞いて来た。
さらに、ちょっと前はラブラドールも
飼っていたんだ、(たぶんブリードしてたと直感・・・)
などど、いろいろ自慢していた・・・

ちょっと前。
そう、日本でも話題になったクイールの映画が流行っていた。
例のごとく、台湾でもかなりラブの人気が高まり、
一時期異常に増えた。
それで不幸なコたちが出てる事を
私は知っている。

金をいかに稼ぐかを常に考えがちな国民性。
いいとか悪いとかではなく、
命を取り扱っているって言う事に
責任を持ち、慎重になってもらいたい。

フレンチィが二の舞になりませんように・・・



ちょっと話がずれたが、
それでも、やっぱりムコ殿はお手入れもきちんとしてもらっていて、
うん。やっぱりかっこいい。
飼い主さんはきっとフレンチィをこよなく愛しているに
違いない。私のように・・・



たくさんワンコがいて、
見た事もないような種類のコもいたのに、
2人は輪に入っていかず、
端っこでごそごそしていた。

b0111876_0293737.jpg



もうちょっと犬社会にとけ込んでいけるよう、
時間があればまた連れてこよう。




家へ帰ってお風呂に入った2人は、
やっぱりお疲れだった。



b0111876_0314778.jpg


b0111876_033523.jpg



片方は、私のパーカーを踏みつぶし、
もう片方はベッドを占領・・・

・・・まあ、大目にみてやろう。
お風呂に入ってきれいにしたことだし。
[PR]
by sola-anko | 2007-09-03 00:45 | 毎日の事


台湾生まれのそら(ヨーキー)とあんこ(フレンチィ)と台湾→日本への大移動を経て、新たな生活が始まった・・・


by sola-anko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

縁の下の力持ち
at 2011-01-18 09:41
困った時の救世主
at 2011-01-09 22:53
今年最大のラッキー
at 2010-12-31 17:43
けっか
at 2010-12-24 23:50
どうして!(涙)
at 2010-12-23 01:43

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧