カテゴリ:わんこのための手作りフード( 8 )

肝臓いたわりワンディナーと冬支度

そらの誕生日に、
そらの肝臓にも、あんこのお肌にもいいディナーを
作ってみた。



b0111876_15361391.jpg




見た目、いつもと変わらず(苦笑)。




でも、ちょっとディナーちっくに、
したに鶏のささみのちぎったものを敷き、
その上から、カボチャとはと麦ソースをかけ、
パプリカの♡で飾りを付けてみた。
(いつもはごちゃ混ぜ)



カボチャとはと麦ソースの中身は、
もちろんカボチャ、はと麦、水菜、オクラ、ニンジン、キャベツ、パセリ、
ビール酵母、すりごま、海苔、卵、フラックシードオイル、サプリゴット。



気持ちのもちようで、
いつものゴハンをディナーとしてアレンジ(ごまかし)したが、
2人の反応は上々。



b0111876_1542559.jpg




さすが主役はきちんと、待て、しているが、
若干一名、フライング気味・・・・(さすが食い意地の女王)





待て、が解かれて、がっつく2人。



b0111876_15453429.jpg







オレ様は、なかなかお上品に食べるが、



b0111876_1546526.jpg






こちらの姫ときたら・・・・





b0111876_15472423.jpg





そんなにガン見しないでも・・・・
この世で目の前の食べ物しか見えません!ってくらい目を見開いて・・・
そんなに慌てて食べなくても、
誰もとらないから。







そして、誕生日に少し遅れてしまったが、
そらのプレゼントをゲット。







b0111876_15502890.jpg




アーミー柄のジャケット。


うんうん、大きさもちょうどいいし、
そらに似合う。


同じものをあんこにも買ってやりたかったが、
あんこのサイズが無かった・・・
残念!

あんこは去年買ったしょぼい(安物の)アーミーパーカーで、
しばらく我慢してもらう事にしよう。




そらのプレゼント、ダーに見つかったら大目玉を食らうので、
着ない以外はタンスの奥の奥に引っ込ませておこう。




これで冬支度も万端。





最近やっと涼しくなったタイワン。
服日和でハハは嬉しいかぎりである。
[PR]
by sola-anko | 2008-11-14 15:57 | わんこのための手作りフード

肝臓いたわりワンゴハン

最近のそらあんこの食事は、
そらの肝機能回復を願い、
とことん肝臓にいい食材を使ってできるだけ食べ物が
肝臓に負担にならないように気を配っている。

もちろん、あんこのアレルギーも考慮して。

そう言えばあんこのお肌は、
かなりいい状態。
何がどうよかったのか、それとも
昨日から続く雨でやっと一日中涼しいと言えるようになったからか、
???
であるが、真っ白プニプニお肌が戻ってきて嬉しい事この上ない。
ただ、少し気になるしこりを見つけたので、
後日病院へ行ってから詳細を書こうと思う。







さて、この間のそらの検査は期待ほどいいものではなく、
もともと血小板の数値が低いのでは・・・と2年前に行った血液検査の
結果を引っ張り出してきて見ると・・・・・・・



うん、やはり2項目とも、もともと正常範囲に収まっている。







”どうにか正常範囲まで戻してやる。”



これが今の私の課題である。
そらとあんこの健康は私の手にゆだねられているのだから。








ということで、
肝臓にいいゴハンの紹介である。



ウチはまず、この前もらった肝臓サプリ、ノビフィットを食前、
大体1時間前に少量の鶏肉もしくはかぼちゃ、サツマイモのかけらの中に忍ばせて
与えてから、ゴハン。


そらは、錠剤は自分からは口にしようとせず、かといって無理矢理飲ませても
ペッと吐くし、薬が嫌いになっても困るので、
この忍ばせ戦法で美味しく飲んでもらっている。




肝心のレシピであるが、
これまたいたって簡単、適当。





以前紹介した須崎先生の本で説明されている通り、
肝臓にイイ食材をあれもこれもと入れていくだけである。



肝臓にいい食材

♪穀類♪
胚芽米、はと麦、きび、あわ(この辺の雑穀はタイワンでも簡単に手に入る)

♪動物性食品♪
たまご、鳥、ブタのレバー、シジミ、イワシ
注)レバーやシジミはちょっと注意した方がいいかもしれない。
  ワンコの状態にもよるだろうし、いろいろな意見があるだろうが
  少し気になる情報を見つけた。
  というのは、鉄分を過剰に肝臓に蓄積する事により、
  肝機能が障害されているといったことがあるようで、逆に、鉄分を控えたところ
  肝機能の改善につながったと言う報告もあるそうだ。
  (とある獣医師のブログから)


♪植物性食品♪
大豆、納豆、豆腐、なす、トマト、ごぼう、大根、ニンジン、ジャガイモ、カボチャ、
さやえんどう、きのこ、すりごま、しょうが、ウコン等。


タンパク質をたくさん取りすぎると、肝臓に負担をかけるので、
特に動物性のものはごく少量におさえ、その分ウチでは、
豆腐はあんこがダメなのもあり、
納豆で必要なタンパク質を補うようにしている。


さらに、DHA/EPAなど、n3型の脂肪酸は、少量で必要カロリーを
得られると同時に腎臓の炎症を緩和する働きがあると言われていることから、
ウチは毎食必ずフラックスシードオイルを入れるようにしている。
腎臓にも優しく、である。









b0111876_10255399.jpg




これはある日の肝臓いたわりワンゴハンである。
中身は、
鶏肉、納豆、すりごま、サツマイモ、小松菜、シイタケ、カボチャ、海苔、
パセリ、フラックスシードオイル、ビール酵母
+水。





b0111876_10352860.jpg

        なかなかいけるぜ、このゴハン。



そう、それはよかった。






こんなに食事に気を使っているが、
そらはホントウにいたって元気。

なんであんな数値になるのか、見た目では全然想像もつかない。
でも肝臓は我慢強い臓器。
沈黙の臓器であるから、ここは気を抜かず、しっかりと
食事でケアしていってあげたい。






1か月後、サプリを飲み終えた頃、もう一回検査する。
値が下がっていなければ、エコー検査もする。
そんなことになりませんように。
[PR]
by sola-anko | 2008-11-09 10:43 | わんこのための手作りフード

週末の仕込み

先日に続き、週末シリーズ第2弾は、
そう、2人のゴハンの仕込みだ。



超がつくほどめんどいのが嫌いな私。
それでも可愛い我が子にはいいものを食べさせてやりたい!
なんていう、溺愛の感情なんかが働くと、
こんな私でも手作りに没頭する。


ただ、やはり長続きしなければ意味がない。


そこは、臨機応変にいこうということで、
最近は、週末にどかっと野菜の煮込みを
作って小分けして、冷凍保存しておく戦法に出ている私。


今回使った野菜たちは、
ニンジン、ピーマン、カボチャ、ゴーヤ、エンドウ豆、
ニンニク(これだけはごくごく少量)ブロッコリー、トマト、、、
あとなんだっけ?という適当なカンジで、
冷蔵庫にある全ての野菜を刻んで、お鍋に投入して、そして煮込む。
ビタミンなんかの破壊の事もちょっと気にしつつ、
柔らかく煮た方がいいものから
順番こに入れ、さささっと煮込んで
できあがり。



b0111876_0482111.jpg



こんな見た目怪しいものを夜な夜な煮込んでいる私って、
魔女のよう。





そんな魔女をじじじーっと見つめ続けるのが・・・








b0111876_0501693.jpg

       じぃぃぃぃ〜



b0111876_051177.jpg

       じーーーーーーーーーーーーっ






そんなに見つめてもまだあげません。









そして、兄はと言うと・・・・





b0111876_053053.jpg

       ま、出来たら呼んでくれよ。








・・・
いいご身分だこと。








そして、

b0111876_0555088.jpg

       はい、完成!





すると、




b0111876_0571261.jpg

       おっ、できたのか。







はいはい、できましたよ。









b0111876_0585693.jpg

      そして、あら熱がとれたら、小分けして、
      冷凍庫へ。











ごめんね。
あなたたちのお口に入るのは、2日後からね。
と、もらえるもんだと思って見つめている2人をなだめ、
これで、今週分、下準備万端。



毎回、これに、半生ゆでにした肉やら(台湾の衛生上から、
火を通さないのはかなり怖い)カルシウムやら、
フラックスシードオイル、麦芽、ビール酵母、ゴマ粉、
海藻パウダー、きな粉、グルコサミン等等、
その都度いろんなバリエーションで、基本の野菜の煮込みに
入れてやるのが、最近我が家に定着した手作りゴハンのスタイルだ。




なぜ、わざわざ手作りにしたのか、となんていう話は、
いずれ書いていこうと思っている。





はっ!!
そう言えば、
前回の狂犬病と8種混合予防注射から1年以上経っているではないか!



これはいけない。
明日か、明後日か、
今週中に2人を連れて行かねば、と今頃慌てている
なんとも情けない飼い主の私である。
[PR]
by sola-anko | 2008-03-12 01:27 | わんこのための手作りフード

わんおせち第2弾!

去年も2人に日本のお正月を味わわせたくて
ワンおせちを作ったが、
(旧ブログ:わんおせち&わんおせち、食いつき編参照)
今年は元旦にわん友達のビーちゃんと飼い主さんが遊びにきてくれたので、
去年より豪華にわんおせちを作ってみた。



b0111876_2325558.jpg


☆わんおせちレシピ☆

(1)きんとん
   サツマイモを茹でてつぶしてラップに包んで茶巾にしぼればできあがり。
(2)鳥のささみとナンコツの煮物
   ささみとナンコツを茹でるだけ。
(3)羊肉の煮物
   羊肉、大根、ニンジンをちっちゃく切り、茹でるだけ。
(4)大根とニンジンのなます
   大根、ニンジンを千切りにし、茹でて乾燥パセリと酢と和えるだけ。
(5)わかめとキュウリの酢の物
   わかめとキュウリを小さく切り、酢と和えるだけ。

注)そらが酢が苦手なため、粉チーズをぱらぱらふり、
  香りが大好きなチーズになるようにした。
  本当はリンゴ酢でやりたかったが、ちょうど切れていたので、
  今回は普通のお酢を利用した。



さて、2人とビーちゃんの食いつきだが、
ご覧の通り。


b0111876_23114013.jpg

     待てと言われて、いい子に待つビーちゃん。



それにひきかえ・・・・

b0111876_23123086.jpg

     フライングをして怒られたあんこは、
     すねながらしょうがなく待っている。


b0111876_23133071.jpg

     そらもそろそろ待てずに、前足が伸び・・・・


ようやく”待て”解除。


b0111876_2314409.jpg


b0111876_231551.jpg


すごい勢いであっという間に食べ尽くした2人。
あんこはビーちゃんの残した野菜までペロリだった。


そして元旦は台湾も思いのほか寒くなり、
満腹のあんこはベッドに潜り込み、
まったく出てこなかった・・・

b0111876_23165836.jpg

     さぶいさぶい、ねむいねむい・・・


b0111876_231738100.jpg

     ママ、じゃましないでね・・・


はいはい、わかったわかった。


術後、あっという間に回復したあんこ。
傷口も、抜糸がいらない糸で縫っていてくれたので、
4日に病院で診てもらったら、もう問題ない、との事。
傷口も小さく、もうほとんど目立たなくなっていて、
私もびっくり。
もっと痛々しいもんだと思ってたが、
やっぱり腕のいい獣医がメスを入れると
全く無駄のないきれいな仕上がりになるのだ、
と実感した。エリザベスも全くしなくてよかったし。
本当に感謝感激だ。
今ちょっと体臭がでてきたあんこだが、
お風呂も2、3日後には入っても良いそうだ。


あんこは避妊してから、だっこをせがむ甘えん坊になった。
それと同時に、前より元気になった。

手術をしてよかった。
信頼できる先生に巡り会えてよかった。


さ、オレ様そらと甘えん坊でハイパー娘になったあんこと、
今年もたくさんいろんな事をしよう。



健健康第一。


我が家の今年の目標だ。
[PR]
by sola-anko | 2008-01-06 23:28 | わんこのための手作りフード

台風襲来!そんなときの強い見方ゴハン♪

先週の金曜の夜から土曜にかけて、ここ台湾は台風に見舞われた。
ニュースで騒いでいるほどのことはなく、
ここ台中(市)ではいつもより強い風と雨程度だった。

いつも思う事だが、ここ台中は気候的にかなり恵まれている。
台風が来たって、よっぽどの事がない限り
被害は少ない。
他の地域がかなりやられているのに、
ノン気でいられる。今回もそうだった。
それなのに仕事が休みになって、いいのか?
と思いつつ、おかげで遠慮なくごろごろできた週末だった。
台風が来る⇒仕事、学校休み
このシステムがあるおかげで、台風が来るとわくわくしてしまう。

暑さにおいても台中の北に位置する台北に比べてもかなりマシだ。
雨も少ない。
ただ、ここ最近は台北より空気が汚れているって言う話もちらほら。

確かに、山の上から台中の町を見下ろすと、
空気がきれいな日とそうじゃない日がはっきりわかる。
そうじゃない日は、どよよぉん、スモッグがかかっている。



さて、台風の多い台湾。台風のせいで野菜の値段が
かなり上がる。野菜だけでなく水ナドもそうだ。

だから、台風が来る前日はスーパーが人でごった返す。
みんなこぞって水や食料を確保しにいくのだ。


私も例に漏れず、何か買っておかなくちゃ、という気になり
金曜、仕事が終わってからスーパーへ行ってみたが・・・

何事?!と思うくらい人がうじゃうじゃ。
野菜や果物なんかはほとんど売り切れ。

人ごみが苦手な私は、水と缶詰だけを手に取り、
早々と退散した。


その缶詰というのが、ツナ缶だ。
食塩、調味料全く添加されていない。もちろん防腐剤なんかも、だ。
野菜プープで煮込んでいるものらしい。

何のために買ったかというと、
そう、2人のためだ。

羊肉がそろそろなくなることもあってスーパーへ行ったのだが、
あんな人ごみをかき分けて、羊ゲットもシンドイと思った。

そこで思いついたのが、ツナ。
保存もきくし、調理しなくていいし、なんて楽なの!!
とひらめいたのだ。
もちろん、食塩、調味料なしは基本条件で。

探せばあるものだ。

残念ながら、まだ台湾製でそういうものはない。
日本からの輸入物だ。
台湾にいて便利だと思うことは、日本のものが簡単に手に入るって言う事。



ウチで2人にあげる前に、毒味してみると・・・


うん。味なし。マグロの味だけ。
人間にはかなり物足りない、っていうかおいしい代物じゃない。

これならいける。



ということで、今晩のゴハンはこれ。

b0111876_3502136.jpg


ツナは本当に便利だ。2人を連れてのお出かけなんかにもいいし、
非常食にもいいじゃない、と我ながらナイスアイディア!だと感心。


☆とっても簡単ツナゴハンレシピ☆
  ツナ缶(塩、調味料なしのもの)2缶
  納豆1パック
  ニンジン(茹でたものをすりおろす)
  ピーマン(みじん切り)
  海苔(ちぎってちぎって食べやすいように)
  パセリ・ハーブ(ロースマリー、セージなど既にミックスされているもの)
                          ・・ほんの少し
  ゴマ粉
  きな粉
  ビール酵母
  エキストラバージンオリーブオイル
  水

ツナ缶は小さいものだったので、1つの2/3をそらに、
残りの1/3ともう1缶をあんこに。
ツナ缶に残っているスープも捨てずに2人に。
納豆も1/3をそらに、残りはあんこに。 
野菜なんかはあるものを適当に入れただけ。
適当って言うのがなんとも私に似合う。
私にとってそれが長続きさせるコツでもある。


      まて、と言われ、
      待つ2人。

b0111876_46942.jpg



2人の食いつきはかなりよく、2人とも最後の最後まで
お皿をペロペロしていた。


ご満悦の2人。

さっさとご就寝してしまった。


b0111876_482017.jpg

      もう、おなかいっぱい。ねむいのよー。げっぷ=3

ひっ姫?今ゲップしたわね・・・

b0111876_495425.jpg

      そっ、そら?
      もぐりこんで寝てんの?おしり、出てるよ・・・

b0111876_4114174.jpg

      むにゃむにゃ・・・ツナ、もう食べられないのよー・・・

b0111876_4123353.jpg

      そっ、そら?いつの間にお鼻出してるの・・・
      それはママの布団なんですけど。

b0111876_415463.jpg

      だっ、だから、それはママの布団・・・


こんな調子でいつもベッドを占領されるのだ・・・
[PR]
by sola-anko | 2007-08-20 04:21 | わんこのための手作りフード

お魚ゴハンと卵ゴハン

大体いつもゴハンのメインは羊肉。
あんこの皮膚の調子がいいからだが、
お財布が潤っている時は青魚なんかもあげている。

       ある日の夕食。
b0111876_20343043.jpg

       これが魚ゴハン


☆魚ゴハンレシピ☆
   青魚(種類はなんでもいい・今回は軽く茹でて骨を取り除いた)
   スライスチーズ(低脂肪・2人で1枚)
   ニンジン(茹でたものをすりつぶす) 
   キュウリ
   ブロッコリー
   オクラ
   ニンニク
   ゴマ(パウダー)
   きな粉
   flax seed oil
   ビール酵母
   カルシウムパウダー(犬用・市販)
   グルコサミン(犬用サプリ)
   魚のゆで汁

以上の野菜はすべてみじん切り。
魚(+チーズ)と野菜は6:4ぐらい。今回は魚のゆで汁を足し、
粉っぽさをなくしてみた。


   
b0111876_20452854.jpg

      おおっ、今日は羊じゃねー。なんだかうまいぜ。

b0111876_20462055.jpg

     ハラへりへりハラなのー!!!


いつも食いつきは抜群だが、この日はそれ以上で、
特にあんこは息をするのも忘れて、もりもり食べてくれた。



そしてこれがこの日の朝ご飯。
ちょうど肉類を切らしていたので、ゆで卵をあげてみた。




 
b0111876_2182694.jpg

       これが卵ゴハン


☆卵ゴハンレシピ☆
   ゆで卵3個(あんこ2・そら・1)
   かつお節
   ピーマン
   ニンジン(茹で・すりおろし) 
   オクラ
   パセリ
   海苔
   ゴマ(パウダー)
   ビール酵母
   きな粉
   エキストラバージンオリーブオイル
   カルシウムパウダー(市販・犬用)

以上、メインタンパク質(卵)と野菜は6:4の割合で。
もちろん、あげるときはむせないようにお水を足して。


b0111876_2110728.jpg

      うっめー!


b0111876_2111694.jpg

     はぁー、しあわせ♪



今のところ、あんこ姫に異常は見られない。
よかった。
前にあげた鮭なんかはだめだったけど、
今回の青魚はいいようだ。

アレルギー持ちのコだと、食材にかなり気を使わなければならないが、
それも可愛い我がコのため。
2人の健康は私にしか守れないんだから。


そして2人もご満悦したようだ。


b0111876_21163532.jpg

      ママ、なかなかやるじゃん。

b0111876_21172989.jpg

      ママ、もっともっと(あんたいつもそう・・・)



なんて2人の声が聞こえてきそうだった。
[PR]
by sola-anko | 2007-08-11 21:24 | わんこのための手作りフード

わんご飯

b0111876_3205846.jpg

     ある日の2人の朝ご飯。

☆レシピ☆
  羊肉(冷凍薄切りを茹でたもの)
  ブロッコリー(芯ごとみじん切り・生)
  紫キャベツ(みじん切り・生)
  トマト(みじん切り・生)
  パセリ(乾燥) 
  黒ごま(粉)
  flax seed oil
  ビール酵母
  カルシウムパウダー(犬用・市販)
  グルコサミン(サプリ・上にのっかっている白い粒)

以上、肉6〜7:野菜4〜3の割合で。
オイル、パウダー類は2人の大きさに合わせた適当な量。
肉は本当は生を与えたいが、生だとあんこが下痢になるので
茹でている。
野菜も極力生で与える。生の食べ物に含まれる酵素は
わんこにとってとても重要。
最後のグルコサミンは、あんこの股関節の病気を
進行させないためとそらの気管支保護のため。
そらはこのグルコサミンサプリが苦手らしく、
よく残しているので、肉の奥の方に隠してやっている。
それから、粉類が含まれるため、
2人に与えるときは水を足して、粉っぽさをなくしている。
 


ウチは、あんこが食べ物に敏感に反応するので、
こんな感じでできる限り手作りのご飯をあげている。

牛・豚・鳥・魚など、よく使われる食材にも過敏に反応し、
あんこの白いお肌に赤いブツブツができる。
特に掻きむしるという事はないが、やっぱりブツブツは普通じゃないので、
極力そうならないようにしてやりたい。

それで辿り着いたのが手作りである。
未だにいろいろ試行錯誤しているが、
料理が好きな私は以外と楽しんで手作りしている。

だが、最初から手作りという訳ではなかった。
当たり前のようにドッグフードをあげていた。
ただ、台湾ではなかなかよりよいフードを選ぶ、という事が難しい。
結局あんこに合うものがなかなか見つからなかった。
だから手作りなのだ。

いつか時間があるときに、
手作りに気持ちが傾いた最大のきっかけやら
ドライフードから手作りへの移行の仕方なんかも書きたいと思う。
やっぱり突然、はい今日から手作りね、なんて事をすると
大事な我が子が消化不良をおこしてしまうのだ。



b0111876_3525852.jpg

        ママの手作り、うまいんだぜー。


b0111876_35693.jpg

        もっと・・・


晩ご飯は、
オイルをエキスロラバージンオイルに変えたり、
ごまをきな粉に変えたり、
トマトを赤ピーマンに変えたり。

b0111876_35964.jpg

     晩ご飯


”2人の健康のため、努力を惜しまず。”
をモットーにこれからも、気楽に楽しく手作りしていこうと思っている。
[PR]
by sola-anko | 2007-08-08 04:02 | わんこのための手作りフード

初ダチョウ!

今日、日本のスーパー(もちろん台湾にある)にて新鮮なダチョウ肉を買い、
2人にあげてみる事にした。
あんこがアレルギー持ちなので、少々心配だが、ダチョウ肉は見た目、
鶏肉とは全く違い、牛肉のようだ。
アレルギーのコには、こういう食べた事のない肉がいいらしい。
ウサギとか鹿とか馬とか・・・

台湾ではそれらの肉はあまり手に入らない。
日本ではわんこ用にそういう肉を売っていたりするが、
やはりここは台湾。犬ごときにそんなもったいない、と誰もが思うだろう。
そういう商売はまだ流行らない。
私のように、手作りにしているのを聞くだけで、
へー、すごいねー、人間用の肉使ってるの?とびっくりされ、
信じられないというような顔をされる。

それでも私は2人に少しでも長く生きてもらいたい。健康でいてもらいたい。
自分が信じられないフードが台湾で見つからない限り、
誰になんと言われようと、ダーのお母様に言われたって、
手作りを止めるつもりはない。

ということで、レシピ大公開!

b0111876_1411133.jpg



材料:ダチョウ肉(生)
        羊肉(生)
        ゴーヤ
        オクラ
        ピーマン
        パセリ
        スプラウト 
        オリーブオイル(エキストラバージン)

       以上、肉6割野菜4割くらいの割合で。
       家は何を何グラムとあまりきっちり計らず、
      気にせず、である。2人の体調、う○ちに合わせて量を調節している。

       これに、
  
      ビール酵母
      カルシウムパウダー(犬用、市販のもの) 
      ヤギミルク(パウダー)
      水少々

      をかけてまぜまぜ。粉類を入れるので、むせないように、
     必ず水を入れて粉っぽさをなくしている。  



さて、2人の反応だが、




       
b0111876_151125.jpg

        そら、がっつき、

       
b0111876_152126.jpg

        あんこもがっつく。

     
        
b0111876_1532020.jpg




       
b0111876_1542289.jpg

 

b0111876_1552221.jpg



b0111876_1561183.jpg




b0111876_1581135.jpg


b0111876_1592275.jpg


b0111876_20156.jpg


b0111876_203835.jpg

















満足げな2人。この顔を見せられると、またがんばっていろいろ作ってあげようと思える。
いつまでも健康で、ね。






b0111876_233723.jpg


b0111876_241338.jpg

[PR]
by sola-anko | 2007-07-16 02:04 | わんこのための手作りフード


台湾生まれのそら(ヨーキー)とあんこ(フレンチィ)と台湾→日本への大移動を経て、新たな生活が始まった・・・


by sola-anko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

縁の下の力持ち
at 2011-01-18 09:41
困った時の救世主
at 2011-01-09 22:53
今年最大のラッキー
at 2010-12-31 17:43
けっか
at 2010-12-24 23:50
どうして!(涙)
at 2010-12-23 01:43

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧