カテゴリ:そら( 25 )

あれから・・・・

気がついたらもう11月。



そらはあの事件から、薬を飲み続けてはや19日目。


血小板の値が低すぎるのと、
SGPT(GPT)→簡単に言うと肝臓の機能の良し悪しが分かる数値が高すぎるのとで、
一時は、
血小板減少症か、バベシア症にでもなってしまったのかと、
躍起になってネットで情報を調べてみたりもした。




まあ案の定、調べれば調べるほど恐ろしくなり、青ざめるばかりだったのだが、
幸いにして当の本人そらは、いたって元気。
両方の症状に当てはまるようなことも、血液検査の値ぐらいしかない。
食欲旺盛。快便。見た目には全く問題が無いように見える。




ただ、2回目の検査のときに、
”ダニに噛まれた事は無い?”と聞かれ、
私が気づく限りでは無いと答えたが、
”今回の事以外で、もしかしたらダニに噛まれていたら、
血小板がこうやって破壊されていくのよね・・・・。”とそう言えば
病院で言われていた・・・・。




まさに、バベシア症のことじゃん!






これは厄介な事になったかもしれない・・・・





私の不甲斐なさでそらをこんな目に遭わせてしまった・・・・と
自分が情けなくなったりもした。






以下はそらの血液検査の問題部分の値である。





10/16
PLT(血小板)→125    正常値(200〜900)
SGPT→169        正常値(4〜66)




10/23
PLT(血小板)→85
SGPT→97




10/29
PLT(血小板)→156
SGPT→77





2回目のときに、突然血小板の値が低くなった事で、
先生もダニの事を聞いてきたのだろう。



だが3回目でかなり回復している事、
SGPTも正常に近くなった事で、もう1週間薬を飲んで、
これらの値が正常範囲に収まれば、問題ないということになった!!
大体ネ・・・・・の毒が解毒されるのも薬の投与3週間ぐらいだそうだ。




ああ〜!よかった〜〜〜〜(涙)




って、まだまだ正常じゃないから安心はできないが、
それでもとにかく今すぐどうのこうのと言う訳じゃなかった事が
ホントによかった・・・・・・



今度の火曜日、(出来れば最後にしたい)最後の血液検査に向けて、
毎日せっせと肝臓にいいゴハンを作り続けるハハである。





b0111876_15451866.jpg

       これ、オレのお気に入り♪
[PR]
by sola-anko | 2008-11-02 15:47 | そら

予断ゆるさず。

あれから2日経った今日、血液検査をしに病院へ行って、
今もどったところだ。





へとへと。

今日は久々、私が一番信頼している先生が担当。
怒られるかと思ったが、
(”なに食べさせてんのよ!ちゃんと見てなきゃ!!とか・・・)
優しい声で、でも深刻そうに、正直に、
あれを食べるといろいろ厄介なものに感染する恐れがあるからね、
ここ数日、気をつけてあげてね。
と、
注意するポイントを丁寧に教えてくれた。


診察時、お腹の所にほんの少し内出血しているような所があったが、
それはあんことやり合ったのか、はたまたどこかにぶつけたのか、
それとも・・・・とそこでは判断しきれなかったので、
これがもし、それとも・・・の場合は、大きくなったり、
あちこちに出来てくるはずだから、その時はすぐに連れてきなさいね、
なんて神妙に言われ、特に表立って問題があるように見えないので
大した事無いだろう・・・、そう、たかをくくっていたアタシは、
事の大きさに改めて気づかされてしまった。



血液検査の結果も、いまいちいいものではない。
いや、いまいちどころか、深刻な結果である。
以前入院した時、やった血液検査と同じ項目が、その時より更に低い数値だったのだ。

一つは血小板の値。もう一つ、何だっけな、
RS何とか?ちょっと忘れてしまったが(次に行ったときにメモっとこう)、
正常範囲を大幅に下回っていて愕然。
肝臓がやられているようなカンジかもしれない・・・・とのことで、
とにかく、もしもの感染をしているときに有効なビタミンK剤と、
肝臓を保護する薬を3日分もらい、薬が切れるときにまた検査し、
少しでも異常があれば飛んでくる事を約束し、
やっと半日縛られた病院から解放された。






はぁ〜。



疲れた。





でも心はまだまだ安らがない。
またあと3日、不安に苛まれることになる・・・・





どうする
どうする
どうする・・・・





晩ゴハンは須崎先生の”かんたん犬ごはん”から、
肝臓にいいゴハンをつくって、せめてもの気休めにしよう・・・・





b0111876_1835498.jpg

Photo by HIROHUMI



ハハは早くこの写真の時みたいにのんびりとした日常に戻りたい・・・・
[PR]
by sola-anko | 2008-10-16 18:46 | そら

一線を超えたハンター

日付が変わって30分。




やっとウチに着いた。







今日はホントウに長い一日だった。

昼間までは、

散歩に行くまでは、普通の一日だったのに・・・・











b0111876_263973.jpg

          Photo by HIROHUMI   謝謝你♪yuko




こんなに可愛い、我が家のハンター”オレ様”。





それは今日の午後の事だった。

散歩に行った際、
近くの公園へ連れて行ったのがそもそもの間違いだった。
その公園は前科のあるところ。(以前の記事参照



今回はまさかの一線を越えてしまったのだ!


それもネ・・・・・・・・・・・・・お☆様になったヤツ・・・・・・・・



もう、これ以上詳しく書けない。
さすがの私も吐き気をもよおし、食欲も無くなり、大パニックで
泣きべそをかいた。




とにかく、前回同様、そらを何度も洗い、
そらが接触したあらゆるものを消毒し、あんこもついでに洗い、
なんとか吐き出させようと、指を突っ込んだり、
塩を無理矢理舐めさせるが効果なし。





仕事の時間も差し迫り、
今日は様子見で、何かあれば明日の朝病院へと思い、
仕事場に向かったが、仕事場についても仕事モードになれない。



不安で不安でしょうがない。
変な病気になったらどうしよう。
・・・・・・・・・ころりとか一緒に食べてたらどうしよう。
どうしよう。
どうしよう。






名前を呼ばれても気づけないほど動揺している私。


仕事までまだ時間があったので、
ワンコ仲間の友人に電話で泣きつき、
その友人の協力で、
いつもの獣医さんのところにどうしたらいいかを聞いてもらう事ができた。





やっぱり一刻も早く診せにいったほうがいい。
・・・ころりとか薬が含まれていたらそれは大変なことになる。
ゲ○、嘔吐、心配な事は山盛り。だそうだ。






やっぱ、そうですよね〜〜〜〜(涙)






急遽主任に途中で帰らせてもらう事を申し出、
診察時間の終わり、ぎりぎりに滑り込む事に成功。








今の段階では、元気もあるし、何も問題が出ていないから、
様子見でいきましょう。
ゲ○、嘔吐、発熱等あればすぐに連れてくる事。
とりあえず、胃を保護するために
2日間胃薬を飲む事。
2日後に、あんこ共々血液検査等をして、
何かの病気に感染していないか調べる事。




以上がさっきもらった診察結果。






今何もしてやれないのがもどかしい。



本人はいたっていつもと変わらない。
これだけみんなを驚かせ、大騒ぎになっていると言うのに!!!!




とにかく検査結果が出るまで、
そらの排泄物等には注意である。







こんなに可愛い顔してるのに・・・・
お母さんは悲しい・・・・




今、そらがいつもと変わらずすやすや寝てるのが
せめてもの救い












なんだろうか・・・・・・・・・
[PR]
by sola-anko | 2008-10-15 02:47 | そら

三日坊主、そしてネズミになったオレ様。

案の定、
”毎日コツコツ記録する!”


・・・・・・・・


ことができないダメなハハ。

だいぶあんこのお肌の調子ももとに戻りつつあり、
先の見通しが立ち、気が緩んだというのもあるが、
やはり私は根っからの三日坊主なんである。


気を取り直して、これからは大まかに(苦笑)記録していくことにしよう。


8月26日〜9月1日


新たに加えた食材ーきゅうり、ヨーグルト。
止めた食材ーしょうが、大根おろし、ヨーグルト。

お肌の状態ーせっかく遠路はるばるやってきたタモギエキスを
      飲ませ始めたのに、なんだかなんにも効いていない。 
      赤いのが茶色になり、また新たに赤いのが出来る。
      う〜ん。まさかタモギまでもがアレルゲンに・・・?
      でも以前と状態は悪化する訳でもなく良くもならない状態。
      まず、ショウガを加えるのを止めてみた。
      あれあれあれ。
      あげなくなったとたん、新たに赤いのが出来なくなっている。
      大根おろしもピーになるので、加えるのを止めてみる。
      気になるしっぽのハゲはあまり変わっていないが、
      全身の赤いブツブツがみるみる茶色に変身!
      おおぅ!これでタモギも遠慮なく効果を発揮していけるのか!?
      
      ビフィズス菌も出来れば摂らせてやりたいと、おやつの時間に
      無糖ヨーグルトをあげてみるも・・・・
      1時間後、見事に顔が真っ赤っか。
      ブツブツが出るにはいたらないが、全身が赤みを帯びるのは
      明らかにアレルギー反応である。
      残念、ヨーグルト!






ところで、
しばらく登場していない我が家のオレ様。
ほっといた訳では決して無いが、
なんせくりんくりんの毛質のオレ様。
草ぼーぼーならぬ、毛がぼーぼーで誰だか分からない。
これじゃ、せっかくのオレ様が台無しだと、本日、トリミングへ。


迎えにいってみると・・・・


首に可愛いリボンなんか巻いてもらっちゃって、可愛くしてもらったのね♪
なんて喜んで、ウチへ帰ってよく見てみると・・・・





う〜ん。


あら、ネズミちゃん。

どこから見てもネズミである。
今回はライオンカットをやめて、短めのスタイルにしてもらったのだが・・・


心無しか切り方も不揃い。
今日はアシスタントさんか見習いさんが切ったんだろうか・・・・



今回はビミョ〜な仕上がり。
写真が載せられないのは残念だが、オレ様の名誉を傷つけることもないから、
ま、いっか。


あと2週間もすれば、またぼーぼー生えてくるんだから。





あんこもそらも、もう少しの辛抱だね。




b0111876_1151417.jpg

       え?これ?
       オレ、この時ライオン中。
       (以前のカット時)
[PR]
by sola-anko | 2008-09-02 01:16 | そら

可愛い顔した狩人

7月28日(月)。
本日も台風がタイワンを直撃したおかげで(?)台風休みにありつき、
脳みそがとろけちゃったんじゃないかっていうくらい、
日曜日月曜日と3人でだらだら過ごした。



お休みになったからと、
デパートやスーパーは暇を持て余した人でごった返すが、
外に出るのがアブナイから休みになったんだし、
暴風雨の中わざわざ出かけて愛車のポロちゃんを
酷使するのも可哀想だし、ここはタイワンだから
絶対なんか飛んできそうだし、濡れるし、面倒くさいし、
とにかくおウチでまったり。
台風のときはこれに限る!






b0111876_1345858.jpg





こんなのや






b0111876_1361683.jpg





こんなの





b0111876_1371990.jpg





こんなんなったり




b0111876_1384884.jpg





こんなの見つめたり。






b0111876_1402851.jpg




たまには、ニホンのケーキにかなり近い
なかなかいけるこーんなのを
欲張って独り占めしてみたり。



b0111876_1412810.jpg



自分でゴリゴリゴリゴリした豆で
たっぷりのコーヒーをケーキのお供にしてみたり。









そしてまた







b0111876_1432056.jpg




ごろんとする。







出かけなくったって、至福の一日である。









ところで、この前の台風が過ぎた次の日。
2人を散歩に連れ出し、近くの公園で遊ばせていた時の事。





b0111876_147449.jpg



こんなに可愛い我が家のオレ様。

なぜかあっちいっては、ひっくり返って体中をすりすり。
こっちいってはすりすり。




う〜ん。
この仕草は・・・もしや・・・・












ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(目眩)!!!







鳥さん死んでる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!











b0111876_1495235.jpg





こんな可愛い顔してこいつ!
ネズミやら鳥やらミミズやらの死骸が大好き(驚愕)



そんなのを見つけてはすりすりスリスリ♪
おまけに食べちゃおうとするんだから(怒)





そう、その公園には、台風が過ぎて、巻き込まれて天国に行っちゃった
鳥サンたちがたくさんいたのだ!!




大慌てでそらを取っ捕まえ、
ウチに戻ってシャンプーシャンプー。
2回はしないとどうも気持ち悪い。












b0111876_15644.jpg




こっちの顔しわしわにして寝てる姫は、
全くそういうものには反応せず、安心だが・・・






b0111876_1574769.jpg

        え?だって、オレ、狩人。






そうだよね、ヨーキーってネズミ捕り用に作られたんだっけ?
血が騒ぐっていうヤツね。
そらの本能は仕方の無い事なのかもしれない。







どっちかっていうとあんこの方がおかしいのだろう。
あんこは犬らしいところがあまり無いから・・・・
またそこが可愛いのだけれど、
そらには出来ればその本能、忘れてほしいわ・・・・
と願わずにいられないハハである。





明日明後日の散歩は要注意。
今回の台風は雨風ひどかったから。
鳥さん被害も相当だろう・・・・
[PR]
by sola-anko | 2008-07-29 02:05 | そら

そらの目が!

どうしてこう、次から次へと問題が起こるのか。














b0111876_11372686.jpg






我が家のオレ様そらくん。
以前の緊急入院以来、とっても元気にしていたが、
よく見ると・・・・







b0111876_11385028.jpg





黄色い目やにが出ている。




b0111876_11392734.jpg







黄色い目やにが大量に出始めたのは先週土曜日の夜から。
拭いても拭いても後から後から
黄色い目やに、いや目やにというより
黄色い分泌物が止めどなくでてくる。
その日は右目だけだったのが、翌朝見ると左目からも出ているではないか!





やばいぞ、これは。


しかもそら。
目が痛いのか気持ち悪いのか、しょぼしょぼとしか目を開けられていない。
渇いた分泌物が目の回りに張り付いて、
何とも可愛そうである。
涙も出て、涙やけもひどくなっている。




日曜日に病院へ行くのは、人が多くてちょっと嫌だったが、
背にハラは変えられない。

昼間より夜の方がすいてる気がして、
(普段は夜の方が込んでいるが、日曜の夜はみんな
ディナーに出かけたりするだろうから)
7時頃行ってみた。







ビンゴ!




病院着いたら誰も待っている人がいなく、すぐに診てもらえた。



”あら、お目目まっかっか。
炎症起こしてるわね〜。これはひどい。
最近シャンプーした?”



いいえ、全然。



”じゃ、お散歩は?”



いいえ、ここんとこずーっと大雨だったので
外に出てません。

もしかしたら、あんこと運動会の最中に
あんこにやられたのかもしれません・・・


”そう。あんこちゃん、だめじゃない。
じゃ、目薬出すから、1日4回さしてあげてね。”


え?よよ4回ですか?



”そう。ちょっとひどいから。”













もらった目薬は、これ。



b0111876_11543835.jpg





1日4回か。
忘れないようにしないと!






そして、兄ちゃんを傷つけた(であろう)張本人。

b0111876_1156723.jpg

       なんですか〜?
       (あんこのは正真正銘目やに・・・笑)


あんこもカイかいがだんだんひどくなっていたので
ついでに診てもらった。


”う〜ん。この前よりひどくなってるね。”



スイマセン。この前薬がキレてからすぐに
病院こなくて・・・ 







そして、またもや薬をもらってしまった。
今回はカユミ止め。



b0111876_11585929.jpg




って、写真に撮ってもこの前と何ら変わりはない。
この病院は、赤いシロップで細かく砕いた薬を割ってくれるので、
どんな薬をもらっても、赤い液体薬に見えるのだ。



b0111876_121969.jpg

       今日、お医者さんに連れてかれたの。  
       公園だと思ったのに・・・・








先週1週間殆どの日が雨で、しかもぐわぁ〜!!っと降る大雨が
多くて、外にまったく出なかった2人は、
病院行くのでも疲れてしまったようである。




b0111876_1252248.jpg

       いて・・・め・・・



b0111876_1261750.jpg

       あたしのせいじゃ・・・ないの・・・






はやくそらの目から黄色い分泌物が出なくなりますように・・・・







あんこのかいかいが治りますように・・・・
(あんこのかいかい対策について、後日追記します。)
[PR]
by sola-anko | 2008-06-16 12:14 | そら

病み上がりのそら、さっぱりする。

もう、この前のトリミングから既に2ヶ月。


さすがに、どうにもこうにもボサボサが
収まらなくなったそら。
なんだか別犬みたいで・・・


はっきり言って私がちょくちょく連れて行かないせいなのだが、
これではせっかくの男前も半減する。

まだ、(見た目からも)おっさんになってもらう訳にもいかないので、
本日、
ココ1年いつも行っている
サロンへトリミングにいく事に決定。



そこは、他と比べるとちと高い。

そらのサイズで、シャンプー&カットブローで、
700元。

他のところで、おんなじメニューで250元でやってもらった
ことがあるのを考えると、ベラボーに高いじゃないか、
とも思う。


でも何がイイって、友人つながりでオーナーとお知り合いなので
安心、信頼できるっていうところだ。
技術も優れているし、ココをこうやって、もっとあんなカンジ、と
気軽に注文付けられる。

そして私が夜メインに働いているせいで、
大体午後そらをトリミングに出し、夜お迎え、というコースに
なるのだが、その際、あんこだけウチに置いとく訳にもいかず、
かといってあんこのシャンプーはしてもらいたくない。
(以前何回かシャンプーに出した事があるのだが、
その度にお肌が真っ赤っかになってしまうのだ!!
自分で適当に洗ってやるのが一番あんこのお肌を痛めなくて済む・・・)
そんなあんこも、シャンプー等しなくても、
無料で仕事が終わるまで、そらと一緒に預かってくれちゃうのが
なんともありがたい。







最近、台湾も空前のペットブームで、
あちらこちらにワンコサロンができまくっているが、
気をつけなければならない事がある。



正真正銘のプロならば絶対しない事、
麻酔を使って犬をおとなしくさせ、
その間にトリミングする、という事が
実際にココ台湾では行われているらしいのだ。
日本でもそんなことがあると聞いた。



もちろん、そんなところは数少ないだろう。
でも、麻酔の怖さを少しでもかじった私からしたら、
全く信じられない事であり、
たかがトリミングで、そんな危険な目に遭わせるなんて
そんな許容範囲をかすりもしない事を、
ただ安いから、早く仕上げてくれるから、等の
安易な理由だけで、
危険なサロンに当たってしまったら、
あれだけあんこの手術の前、
麻酔に怖がっていた私はただの馬鹿、という事になる。


とにかく台湾にはうさんくさいものがたくさん
あふれているので、安いから、と飛びつくのは危険なのだ。


台湾に来たばかりの頃にダーによく言われた事。
それは、
”安くていいものなんてことは台湾ではありえない。
パッケージを信用するな!”
じゃ、何をどう信じてモノを買えばいいのか、
当初かなり困惑したが、
日本ぐらいなのではないだろうか、
安くていいものが見つかるのは・・・。


というわけで、
ウチは、少々お高めでも、
やっぱり信頼できるという点で、
いつものところにお世話になっている。




そして、今日の仕上がり。

b0111876_1323415.jpg

      

b0111876_1334896.jpg



b0111876_134471.jpg





う〜ん。
この前と同じライオンにしてもらったはずだが、
この前とかなり違う。
前の方が可愛かったかな。



ま、点滴の跡も目立たなくなったし、
毎回違うコライオンに変身するそらを見るもの
なかなか面白い。



次はどんなライオンに仕上げてくれるだろう・・・





そらがシャンプーがんばってるときに
寝てたやつ


b0111876_136328.jpg

      うん?

b0111876_1371134.jpg

      あたし、なんにもしらない〜






あんこのマイペースは今日も天下一品である・・・
[PR]
by sola-anko | 2008-03-01 01:26 | そら

そら、小安素(シャオ アン スー)で見事復活!

そらが退院してきてやはり気になるのが、
食べ物の事だった。
病み上がりに、すぐいつもの手作りゴハンじゃ
ヘビーかもしれない。

また吐かれたら困るし、でも栄養はしっかり与えないといけない。



どうしようかな、と思っていたところに、
ワンコ仲間からいい情報をもらった。


それが、これ。

b0111876_1541418.jpg

      (あんこ、近すぎるよ!そんなに見なくても
       後であんたにもあげるから・・・)



タイトルの小安素(シャオ アン スー)である。
一見ジュースの缶(350mlの)のようだ。
でも実はこれ、こう見えておこちゃま用、栄養ドリンク剤なのだ!
バニラ味とイチゴ味があるようだが、
私が買ったのは、バニラ味。



説明書きを見ると、入院中の子や退院直後のコで、
固形系が食べられないようなコたちの強い見方、
栄養満点ドリンク、などと書かれている。
もちろん人間様のもので、大人用もある。
病気じゃなくたって、食欲がないとき等の
栄養補給にもいい。


これをワンコ仲間から勧められた時、実物を見た事がなかった私は、
栄養ドリンク=リポビタンD(ちっちゃいビン栄養剤)を
思い浮かべたので、
ドラッグストアに行って、店員さんに出してもらったとき、
自分で出してと言ったにもかかわらず、
え?ほんとにこれ?と言ってしまった。



なんかおっきい。



台湾の子どもは日本の子より栄養が大量に必要なのだろうか?!
そう言えば、全体的におデブちゃんがいっぱいいるような・・・




とにかく、1ケース買った方がお得よ、と
しつこく迫るお姉ちゃんのおすすめを
断り、2缶だけ買ってそらに与えてみる事にした。
(どう考えたって、多すぎるだろう、1ケース。
だって、大きいダンボール1こ分。そんなに重いの、1人で持って帰れないし。)




これを勧めてくれた彼女はかかりつけの獣医さんに、
食欲ない時・病み上がりに
人間の子供用栄養剤がいい、と勧められ、
あげた事があるという。


でも、やっぱり人間用にひっかかった彼女は、
獣医に、本当に人間用の、いいんですか?と
突っ込んで聞いたらしいが、
答えは”そんな一年中飲ませる訳じゃないし、
一時ならかまわないよ。”だったらしい。


さすが、ここは台湾。
結構テキトーである。








開けてみると、ふわっとバニラのおいしいにおいがした。
すると、
”おい、それ、よこせよ!最近、ろくなもん食ってねーんだよ!!”
と催促する声が。




なんだ、そら。
これ大好きなの?




別のワンコ用ペースト状の栄養剤には
頑として口を開けなかったのに。



人間用の方が甘くておいしいのだろうか。




あんこにもあげてみたが、
あんこもお皿が削れるくらい舐めていた。






あら。意外。





2人にこんなに好評だったなんて。
2缶じゃ、足りなかったかしら?






そんな新たな大好物のおかげで、
体全体の赤みもすっかり消え、
栄養状態も良好。嘔吐も全く無くなり、
食欲旺盛。あんこと大げんかするまでに
回復したそらである。





b0111876_2244789.jpg

      ハラ、いっぱい・・・



b0111876_229776.jpg

      バニラ味〜






全身赤みがひどく、ところどころ大きい斑点状に赤くなった
退院後のそらのおなか。

b0111876_2311314.jpg




こんな斑点、入院前はなかったぞ!
と、退院してウチでゆっくりしてるときに気づいたが、
今はもう全くきれいに治ったので、
よし、としておく。
(もし、こんなに早く治ってなかったら、
 病院へ殴り込みである。)
[PR]
by sola-anko | 2008-02-23 02:44 | そら

川の字で寝られる幸せ。

17日、日曜日の夜。

10時になっても11時になっても病院から電話が来ない。
こっちから掛けても誰もでない。



くっそ〜!
またいつもの口だけ台湾人だったか・・・




腹は立ったが、もう夜中だし病院も閉まっている。
どうにもできないので、そらが元気になっている事を願い、
さっさと寝て明日一番に乗り込んでやろう、と決め、
早々にあんことベッドにもぐり込んだ。




・・・・




なかなか寝付けない。
いつもより早い時間だというのもあるが、あんこをムギュってしても、
いつもなら真ん中にいるはずの、ちょうど川の字の真ん中の一番短い
線がいないのだ。よく考えたら、ダーが上海に行ってから、
私たちは本当に川の字で寝ていた。
どの線がなくても川の字は成り立たない。


暗闇でもんもんとしていたその時、
携帯が鳴った!








”もしもし、○○動物病院ですけど、”








きっきたー!本当に電話くれたー!!!









”今、そらちゃん見に来たところ、
点滴を自分でびりびりボロボロにしちゃって、とれていたので、
今度は違う方の足に点滴しますけど、いいかしら?
点滴を自分でとるくらい元気になってます。
赤みもちょっと引いてますよ。
それから、ゴハンもちょっと食べて、今のところ
吐いていないから、明日の午後、退院できそうですよ。
明日の午後、病院の方に来てみてください。
このままいけば、大丈夫。明日帰れます。”











ああー!!!よかったー!!!!!!
せんせー、ありがとうー!
口だけなんて言ってごめんなさい(反省)。








もう12時近くだったと思う。
その病院は日曜日の夜、イベントがあるらしく、
そらを預けた際、先生に
”スタッフ全員出はらうけど、夜必ず獣医が戻ってきて、
入院しているコたちをチェックしにくるから、
安心してね。”と言われていた。






こんな夜遅くに戻ってくるって、
しかも時間外だろうし、そんな手当もつかないだろうに、
メンドクサイからまあいいわ、となりそうな
国民性の方々なのに、
本当に言った通り戻ってきてくれて、電話してくれた!!!




これで、一安心!さっさと寝よう・・・





・・・・







やっぱり寝付けなかった。
今度は嬉しすぎて。
そらが無事だという事。
台湾で、こんなに親身になってくれる獣医さんがいたという事実。
そして、元気になったと知ると余計に募る、
そらへの気持ち。







私は川にならないと寝られないようだ。


















そして、18日。午後1時半。






病院へ行くと、平日なのに、
ワンちゃんがたくさん来院していて、先生たちはてんてこ舞いになっていた。



”勝手に上がって(1階が診察室、2階が入院病棟)、そらに会ってあげて。
今忙しいから、ごめんねー。”




先生のその言葉を聞くまでもなく、
勝手にずかずか入っていってた私。




あんこを抱っこし、階段を上がると、
”おい!ひとりぼっちにしやがって!!
痛いし寒いしさびしいじゃないか〜!!”と
そらの声。
ワンワン、ではなく、くぅん、きゃふん、だったが、
それでも日曜の昼には見られなかった、
元気のいいそらの姿。






先生たちが暇になるまでまち、
そらもようやく点滴から解放され、
無事に私の手元に戻ってきた。











体はまだ赤い。
でも、そらが元気になってるのがすごく嬉しかった。







そして先生が血液検査の結果を報告してくれた。








以前、同じような事で入院してたときよりは
マシだった事。
今回は、ナトリウム値が低く、
点滴で補充してやった事。
血液は大体の値が、正常範囲内だった事。
白血球に問題はないので炎症等は起こしてない事。
赤血球の値で、一つの項目が少し低めなので、
今後、体調が優れない事が続くようであれば、
もう一回赤血球の検査をした方がいい事。
そして、今回体調が悪化したのは、
もしかしたら、2回目のレントゲンのときに
処方した胃薬が、そらの体質に合わなかったのかもしれない事。
その薬をあげるのを止め、今日は新しい胃薬を処方する事。







説明を受けたのは大体こんなところだろうか。






そして、私が一番印象的だったのが、
先生たちが、そらの今回の件について、
話し合ってくれていた事だ。
私が特に新しいものはあげてない、と言い張った(本当にそうだもの!)
事から、じゃ、もしかしたら、薬がそらに合わなかったのかもしれない、
という話し合いを、日曜日したのだそうだ。







これって、すごい事だと思う。




台湾で、”私みたいに外人が飼っている犬が
病気になった。でも飼い主は原因になるものを与えていないと言い張る。
ま、対処療法で元気になればそれでいいだろう。”
ぐらいの考えでもおかしくない。









それを先生たちなりにいろいろ討論し合っていたなんて!!








それは獣医として当たり前の事だと思うが、
台湾でニホンジン的当たり前を探すのは意外と苦労がいる。









ここの獣医さんたちは、本当に本当に動物が好きでやっている、
信頼できる獣医さんたちだ、と今回初めて心の底からそう思った。









b0111876_2171529.jpg

      オレ様、復活!

b0111876_2181333.jpg

      なんだよ、そんなに見るなよ。

b0111876_219234.jpg

      見るなってば!






今回もらった薬がこれ。
白いのが胃薬で、ピンクのが下痢止め。
下痢止めは、下痢しなければ飲まなくていい。

b0111876_2203990.jpg






ウチは薬はいつもシロップで割ってもらっている。
そして、この注射器で何cc取ってプチュっと無理矢理口に流し込むのだ。
そらは、どんなにおいしいシロップでも、
薬だとわかるらしく、生意気に飲むのを拒否るので、
無理矢理が肝心だ。





そして問題になったのが
このニッキをもっと強烈にしたようなニオイの
どろどろ胃薬。

b0111876_2253397.jpg



思い出してみれば、この薬をゴハン前にあげて、
ゴハンを食べさせたらそらが動かなくなった。
実はこの薬。以前にもそらに飲ませた事があるのだが、
そらの体質が変わって、(手作りゴハンのせい?)
合わないのかもしれないとの先生の見解だった。










b0111876_2271496.jpg




あんこも寂しかったのだろう。
2人のこんな姿も見られ、



b0111876_228278.jpg

      そら:お、重い・・・


b0111876_229545.jpg

      そら:ちょっと、もうちょっとそっちに!
      あんこ:聞こえません〜


b0111876_231284.jpg



そして2人は私の足下で仲良く眠りについた。



こんな2人を見ながらブログを書いている事で、
心にじわじわと幸せが染みわたる。






b0111876_234507.jpg



まだまだ、点滴の跡が痛々しいし、


b0111876_2354396.jpg



全身の赤みが消えていないそらだけど、
今夜から、川の字で寝られる。








こんな幸せな事はない。







そら、おかえり。
これからもずっと一緒にいようね。
もう、ママから離れないでね。










おまけ。
b0111876_2474050.jpg

      あのね、お兄たん、帰ってきたの!
[PR]
by sola-anko | 2008-02-19 02:51 | そら

そら、再び入院!

ついさっき、
そらが入院した。



そらのいないウチは、
どこか広く、寒い。


b0111876_1740646.jpg



昨日2人が仲良く並んでゆったり寝そべるようにと買ってきた
ワンコマットが、余計にそらのいない寂しさを感じさせる。






b0111876_17415934.jpg

      あれ?お兄たんは?







昨日、2回目のレントゲンを撮りに病院へ行った。
レントゲンの結果、問題になったであろう異物は、
もうそらの体から排出されたようで、
何も見つからなかった。



しかし、一昨日は吐く、元気が少しない、だけだったのが、
昨日の朝から(気づいたのが朝だった)体中、所々が
赤くなっている。目の上も赤く腫れ、
そらの左目だけがちっちゃくなってコチビオイワさんになっていた。




先生曰く、何かのアレルギー反応で真っ赤になっているとの事。



ここ、2・3日で新しい食べ物、おもちゃ、生活用品等身の回りで
新しいものを与えたり、買ったりしていないか、と
聞かれたが、全く覚えがないので、
ありません。と答えた。




しかし、
昨日は土曜日で患者(患犬?)が山のように押し寄せていて、
いつも見てくれる先生の機嫌が忙しさでよくなかったのもあり、
”ないわけないのよ!何かあるのよ!!ちゃんと思い出しなさい!!
じゃなかったら、この先どうやってこのアレルギーを防いであげるの?!
ちゃんと考えなさい!!”
と、すごい剣幕で言われたものの、
やっぱり思い当たらない。



そんな言い方しなくてもイイんじゃないか、と思ったが、
その時は、はい、とだけ答え、冷静にもう一度考えてみた。



思い当たるのは、一昨日飲ませたバリウムと、
注射。あえてあげればそれが新しくそらに与えたものだ・・・





その内科の先生、腕もとってもいいし、経験もあるし、アメリカで研修も
受けてきてるし、普段は一番話しやすいので、
私的には台湾ではかなり信用できる先生の一人だと思っている。



一番信用できると思ったのは、
どんなに忙しくても機嫌が悪くてもわんちゃんに対する態度は
絶対変わらずやさしく親身なのだ。



だからって、機嫌が悪いからって飼い主に対する
態度だって気分に左右されるべきではないと思うが、
”ココは台湾”と私もあきらめているのだろうか、
今回はあまりむかっ!!とくる事もなく、
冷静にいられた。
そんなことより、そらが心配だった。







そんなこんなで、
昨日は抗アレルギーの注射と胃の注射を2本ブスっと受け、
1日5食にわけてゴハンを食べさせるようにと注意を受け、
胃薬をもらって帰ってきた。






ウチに帰って、茹でチキンひとかけらとそのゆで汁を
与えると、おいしそうにがっついたそら。



これなら大丈夫?と思ったのもつかの間、
そらがお座りしたまま動かない。
胃にモノが入ると痛いのだろうか。
体は震え、一歩も動けないようだった。






急いでベッドに横たわらせたが、
抱っこしたら余計にそらが元気がないのが伝わってきて
切なかった。





こんな時、何にもしてやれない自分に
一番腹が立つ。





昨夜のそら。


b0111876_1811362.jpg




b0111876_1814029.jpg

      お兄たん?どうしたん?


b0111876_18152629.jpg

      だいじょぶ?お兄たん?


b0111876_18163464.jpg

      あんこ:痛いの痛いの、とんでけー!
      そら:とんでかねーよ。








そして今朝。
体中が真っ赤になってしまい、赤みが昨日よりひどい。
更に元気も全く無くなった。



そして嘔吐。








入院前のそら。
b0111876_18181043.jpg



b0111876_18202487.jpg



もう、物音にも反応しない。




今日は日曜日で、更に人が多いであろう病院に行くのは
嫌だったが、背にハラは変えられない。





前を走っているのろのろベンツにイラッっとし、
(なんで、ベンツなのにおそいんだよ!しかもこんなときに!!)
なんとかそいつを追い越し、マッハで病院に駆けつけた。





やはり病院は人でごった返していた。
1時間以上、待たされただろうか。
その間、そらをしっかり抱いていたが、
そらは小刻みにふるえ、全身の赤みもひどい。



1秒でも早く診てほしいと願いながら待った。



ああいう時間というものは、
実際の時間以上に長く感じる。




私より後に来たおばちゃんが割り込もうとしたが、
他の飼い主サンたちが、”このコ(私)の方が早く来てたから、
このコが先よ!!”と言ってくれ、
割り込まれずにようやく診察室へ。



一目見ただけで、
”ああ〜、そらちゃん、元気ないね。赤いね。これはだめだねー。
入院だよ。”






やっぱり・・・・






何となくそうだろうと思いながら来院したので、
わかりました。と素直にそらを差し出したが、
そらを渡したとたん、涙があふれてきた。





そこへ診察室に勝手に入ってきたおばちゃんが、
私にたたみかけるように話しかけてきた。



”あらー、このコ、どうしたん?入院なの?
まあ、かわいそうに!あら、体が真っ赤ね。
アレルギー?アレルギーだったらだいじょうぶよ。心配しなさんな。”







うるさい、うるさい、うるさい。
何を根拠に大丈夫だというのか!








そんなおばちゃんをかまっている心の余裕はないので
完全無視し、
先生に”くれぐれもよろしくお願いします”と
お願いし、
先生の”夜、そらの様子を電話で報告するから、
心配しないで”という言葉を聞いて少し持ち直した気持ちで
病院を後にした。





明日の朝一でそらのお見舞いに行く。




そら、ごめんね。
なんにもしてやれないママで本当にごめん。
[PR]
by sola-anko | 2008-02-17 18:49 | そら


台湾生まれのそら(ヨーキー)とあんこ(フレンチィ)と台湾→日本への大移動を経て、新たな生活が始まった・・・


by sola-anko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

縁の下の力持ち
at 2011-01-18 09:41
困った時の救世主
at 2011-01-09 22:53
今年最大のラッキー
at 2010-12-31 17:43
けっか
at 2010-12-24 23:50
どうして!(涙)
at 2010-12-23 01:43

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧