わんご飯

b0111876_3205846.jpg

     ある日の2人の朝ご飯。

☆レシピ☆
  羊肉(冷凍薄切りを茹でたもの)
  ブロッコリー(芯ごとみじん切り・生)
  紫キャベツ(みじん切り・生)
  トマト(みじん切り・生)
  パセリ(乾燥) 
  黒ごま(粉)
  flax seed oil
  ビール酵母
  カルシウムパウダー(犬用・市販)
  グルコサミン(サプリ・上にのっかっている白い粒)

以上、肉6〜7:野菜4〜3の割合で。
オイル、パウダー類は2人の大きさに合わせた適当な量。
肉は本当は生を与えたいが、生だとあんこが下痢になるので
茹でている。
野菜も極力生で与える。生の食べ物に含まれる酵素は
わんこにとってとても重要。
最後のグルコサミンは、あんこの股関節の病気を
進行させないためとそらの気管支保護のため。
そらはこのグルコサミンサプリが苦手らしく、
よく残しているので、肉の奥の方に隠してやっている。
それから、粉類が含まれるため、
2人に与えるときは水を足して、粉っぽさをなくしている。
 


ウチは、あんこが食べ物に敏感に反応するので、
こんな感じでできる限り手作りのご飯をあげている。

牛・豚・鳥・魚など、よく使われる食材にも過敏に反応し、
あんこの白いお肌に赤いブツブツができる。
特に掻きむしるという事はないが、やっぱりブツブツは普通じゃないので、
極力そうならないようにしてやりたい。

それで辿り着いたのが手作りである。
未だにいろいろ試行錯誤しているが、
料理が好きな私は以外と楽しんで手作りしている。

だが、最初から手作りという訳ではなかった。
当たり前のようにドッグフードをあげていた。
ただ、台湾ではなかなかよりよいフードを選ぶ、という事が難しい。
結局あんこに合うものがなかなか見つからなかった。
だから手作りなのだ。

いつか時間があるときに、
手作りに気持ちが傾いた最大のきっかけやら
ドライフードから手作りへの移行の仕方なんかも書きたいと思う。
やっぱり突然、はい今日から手作りね、なんて事をすると
大事な我が子が消化不良をおこしてしまうのだ。



b0111876_3525852.jpg

        ママの手作り、うまいんだぜー。


b0111876_35693.jpg

        もっと・・・


晩ご飯は、
オイルをエキスロラバージンオイルに変えたり、
ごまをきな粉に変えたり、
トマトを赤ピーマンに変えたり。

b0111876_35964.jpg

     晩ご飯


”2人の健康のため、努力を惜しまず。”
をモットーにこれからも、気楽に楽しく手作りしていこうと思っている。
[PR]
by sola-anko | 2007-08-08 04:02 | わんこのための手作りフード


台湾生まれのそら(ヨーキー)とあんこ(フレンチィ)と台湾→日本への大移動を経て、新たな生活が始まった・・・


by sola-anko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

縁の下の力持ち
at 2011-01-18 09:41
困った時の救世主
at 2011-01-09 22:53
今年最大のラッキー
at 2010-12-31 17:43
けっか
at 2010-12-24 23:50
どうして!(涙)
at 2010-12-23 01:43

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧